2016年11月29日火曜日

手が戻ってきた

手が戻ってきた


養成講座 第2期 お天気がいいので海ワーク



















私の人生のテーマは獲得だった。

心が飢えていた。

私の手は人のものを奪ってでも自分の物にしたい

そういう想いを持っていた。



お母さんがくれたお菓子を弟よりはやくとらなきゃ、

という幼少期の体験からなのか

前世で泥棒でもしていたのか

どっちかわからないけど

とにかくそういう手だ、と自分で思っていた。


42歳、自分の人生を振り返った時

夫もいて、かわいい子どももいて

何不自由のない暮らしの中で

それでも満たされない自分を思ったとき

こんなんじゃどうしようもないな、って

心底、自分と付き合おう、と思った。


そうして自分の手が

いつも何かを奪おうとしていることに嫌気がさし

どんなに奪おうとしたところで

一番欲しい物

その人の才能だけは奪えない、という事実に愕然とし

自分が学んでみたいあらゆるものに

いく時間も、経済的余裕も、夫の理解もない

今の自分でできるただひとつのこと

だったら、何も学ばず、何もよまず

自分で自分の身体を探索する、という道を選んだ。


だって、中国三千年の歴史 経絡だって

なんだって、何もないところから人がやったんだ。

私だって人なんだからできるでしょ、

そんな捨て身の選択だった。


そして、それがすごくよかった、

と今は思う。


大体にして私はめんどくさがり屋だ。

仕事にしても

何も持たず身体一つ

マイワークにしても

何も持たず、どこでも、今すぐ、身体一つでできる。


こんな身軽な事はない。


そうして、始めた当時は

ただただ自分の音痴を治したい、

というそれだけの想いだったのが

身体を探ることで見えてきた数々の事。


それはミラクルだった。



物理、宇宙の秘密、言葉、音楽、絵画、進化・・・・

人間とは、カラダとは・・・

あらゆる事を身体が教えてくれた。


思ってもいないのに、教えてくれた。


今、私のブームになっているのは

クラゲのワークだ。

マイブームはクラゲのワーク



身体は立体で、縦に三つにスライスできる。


前、未来、

骨、過去の集積からなる今に浮かぶ私

後ろ、過去、背中。


そう分けて認識し、

背中に安心感をあげること。

背中が一枚の布のようにのびて

一筋のしわもなくて

安心して、自分の過去、この世界、今、大いなるもの、に

身をゆだねていられる事。


そんな背中になりたくて

編み出したクラゲのワーク。


まずは自分でやってみて

それから、

養成講座のみんなにやってみると

これが、すこぶるよい。


いろんな思考にがんじがらめになったみんなの身体が

とろけるように広がり

動き、骨が連動し

幸せ指数があがっていく。


そして、もっともっと深い発見が

私の中にやってくる。

一番の驚きは

”なんだ~~~、人間は考えるためになんかできてないじゃん

 動くためにしか、できてないじゃん~~~”

ということだ。


脳がいかに邪魔なことか・・・・


頭を使うから

手が重く、肩に強ばり残る。


そんなことを捕まえながら今朝

”どうしてもここが歪んでるんだよな”

と、ふと、調整してみた。


あれれれれ?

あれれれれ?


これじゃ、手がもどってきちゃうじゃん


あれれれれ?

あれれれれ?


手が、違う部屋に移動したみたいに

頭蓋骨の中の上の中から

下の部屋に移動したぞ


*頭蓋骨の中の上と下は、全く違う役割で

 私的には、上はからっぽ。

 すべての感覚器官、身体の感覚、考え、言葉は

 下の部屋にいるべし、と思っている。

 でも、こうなるまで

 手が上の部屋にいることを知らなかった。


そうなってはじめて

手が上の部屋にいたことがわかった。


だからか・・・

だから私の発想は、すべて

手から、獲得する、から、はじまってたんだ・・・


手が飢えてたんだねえ・・・・


手が下の部屋にやってきたら?


もう、モンキー気分で

長老気分で

畳に上にちょんと座っているおばあちゃん気分


ほしいものはさっと奪うけど(笑)

その基本は

なんでもすぐとれますよ。

だから、そんなにいつもいつも

ほしがらなくていいですよ

だって、全部私のものですから、

みたいな感じ。


肩、めちゃらく。

視界、めちゃひろがる

頭の中、めちゃひろい

身体、めちゃ小さい

この世界、めちゃ大きい。


ひろ~~~い世界に

小さい、小さい自分、

ぴったり自分サイズでしかない自分


めちゃしあわせ。


世界は限りく大きく自分は小さい、ということの幸せ



世界は限りなく大きく

自分は限りなく小さい、

でもありよりは大きく、

ミミズよりも大きく、

あの木よりも小さい、というしあわせ、

みなさん、この意味がわかりますか?


生徒指導の中学の先生から聞いたお話し。

どうにもこうにも手が付けれない中学生

ある夜中先生に電話かけてきたのだそうです。


”先生、おれ、おれ、やばい・・・

 どうしよう・・・

 親父に勝っちゃったよ・・・

 どうしたらいいんだよ・・・・”


先生、答えたそうです

”大丈夫、俺がお前を叱ってやるから

 俺には勝てないだろ”


その先生は、

なんといっても柔道の有段者ですから

”頼むよ、先生”


なんて素敵な話なんだ、とおもう。


その男の子の

誰に教わったわけでもない

ピュアな本能的な感覚

人間の本質をつらぬく

その先生の認識、やさしさ。


こんなことは、

どんなスピリチュアルな話にも

今はやりの人間・・・とは?の話にも

でてこない。


みんな自分、自分、自分がもっとすごく、なることばかりで

いえいえ自分ではないんです

私はただつながっているだけですから、

といいながら

つながっている自分を、すごい、と思っている。


そんな事が、もう重たい。


この世界に生まれ

生きている、

まして人間である。


つながってるのは当たり前だ。


大きいものは小さいものが見えない

小さいものは大きいものも小さいものも見える


自分がすごい、なんて思ったら

すごい自分しかみえなくなる。


そんなことより、

限りなく小さな自分で

この色とりどりの景色を見

真っ白な未来を楽しみにし

そこにいる人の声に安心し

ミミズをくわえた犬に、よかったね、と思い

ミミズくんには、仕方ないね、と思い

風が吹いたら

寒い、寒い、と身体を動かし・・・

ふと、

あの人はどんな気持ちで歌ってるんだろう、

と、気になる人の歌い方をまねしてみたりして

こんな気持ちなのかな

あんな気持ちなのかな・・・

あ、こうかも・・・・

と思ってることがどんなにしあわせか


自分が間違ったらしっかり叱ってくれる人がいて

疲れた時は、つべこべ言わず

ほら、もう寝なさい、と言ってもらえる人がいることが

どんなに幸せか、


ね、みんなもうがんばるのやめようよ。


私には

もうお父さんもいないし

お母さんは認知症だから

この世界が

まるごと、私をそう思ってくれてる、

ただ、そう思っただけで

本当に幸せになる。


好きなことやりなさい、

ダメな時は叱ってあげるから、

安心して思うようにやってみなさい、

いつもいつも

何か、私より大きな大きな

私を存在させ、

あなたを存在させ、

この世界を生み出している何かが

いつもいつも、

そう思ってくれて私がいるんだな、って思ってるほうが

すごく、すごくしあわせだ。


それを神というなら

私は、それ以上の神様も

それ以上の教えもいらない。


それよりさ、

もうほら、手が自分にもどってきたから、

手の届く半径で、遊ばせてね、

って、そう思う。


手が、私の元に帰ってきて

ほんとに、よかった。


P.M.B.はそんなワークです。



WS,養成講座、個人セッションのご案内


⋆12月8日 11時~13時 大宮 高鼻コミュニテーセンターにて

 ”基礎ポジションからの変容” WS開催いたします。

 WS後は、個人セッションのご予約も承っています。


⋆ Physical method for being 養成講座 まだ若干名申し込みを受け付けています。

 ⋆現在の日程でご都合が悪い場合、または 遠方の方で、まとめて受講されたい方、今なら

  1か月間 宿泊料金一泊2千円で 講座スケジュールをそれぞれ組むことが可能です。



⋆ 個人セッションご予約 
                             12月の空き状況は
                             12月 3日(土)
                             12月 7日(水)
                             12月 9日(金)
                             12月 10日(土)
                             12月 11日(日)
                             12月 16日(金)
                             12月 17日(土)
                             12月 21日(水)

                             時間 13時∻21時 それ以外は要相談
                             *出張可 受け付けております。

上記のお問い合わせ、申し込みは

お問い合わせ先 左をクリックして できればご希望3日まで書いてご連絡下さい。



PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る。

この世界の全てのものは身体から生まれ、 身体の中に答えがある。

あなたが本当に変わりたいなら ”基礎ポジション”を変えるのです。

PHYSICAL METHOD FOR BEING

お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

2016年11月28日月曜日

この現実を変えるために・・・

この現実を変えるために・・・


今、P.M.B.ワークは新しい領域に突入しつつある。


この現実を変える事に焦点を当てた

この世界でただ一つのワークと自称し、

今必要なのは

この現実をかえるために

自分が思い描く世界の身体になること、と定義した。


そうなることができるのだろうか?


そうしてカラダの中にあらゆる古い考えを

ワークを通し、

認識を通し、

とりはずしてきた。


最後に残ったのは足だ。


立つためには踏ん張らなくてはいけない

その考えがどうしても

身体、心の軽やかさを重くする。


自分の身体は

そうではない新しいイメージにあわせていくことができるだろうか?

それができれば、

この瞬間、私は、私の古いイメージに打ち勝ち

私が願う新しい概念をこの世界に持ちこむことができる。


そう思ってチャレンジしたwork。


私はダンサーではない

練習もしていない

ただ”基礎ポジション”を整えているだけだ。

そして、それは未熟なりにも成功しているように思う。


この先のハードルを越えるかどうかは

私が何をしたいか、だと思う。

だけど、私がそれを超えることよりも

もうすでに、自分なりのやり方でそのハードルを超えていて

それでも、どこか身体に痛みがあったり

もっと改善したいところがあっても

自分のやり方では限界を感じている方に

このメソッドのやり方を伝えられれば、と願う。


だって、私がやるよりはやい。

そして私は”がらくた7”と

このメソッドをたくさんの人に伝えたい。


自分の身体が大好き、って思いました、

とか

愛しくなりました、

とか

もっと大事にしてあげよう、と思いました、

とか、

このメッソドのWS後の感想で

一番多いお客様の声だ。


身体の事そんな風に思えるWSって

なんだかうれしくなりませんか?


だって、カラダってわたしよりかしこくて

いつも気持ちいい毛布みたいに私をつつんでくれていて

ちゃんと話しかければ、大体のことは聞いてくれて

私がやりたいことをちゃんと実行してくれる。


そんな身体の様子が少しでも伝わればいいのだけど・・・


未熟な点もややあるかとは思いますが

興味のある方は、どうぞご覧ください。












PHYSICALはMENTALを作り

MENTALがPHYSICALを作る。 

この世界の全てのものは身体から生まれ、  

自分の身体の中に答えがある。  

この現実を変えたいのなら 

 ”基礎ポジション”を変えるのです。


”PHYSICAL METHOD FOR BEING"

 お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

2016年11月23日水曜日

世にも美しいストレッチ 


世にも美しいストレッチ


身体の歪みを整えていくと生まれてしまった・・・


まだまだ発展中です。

けれども、

何かのためにストレッチをするんじゃなくて

そのことがすべてを含んでいて

がんばらず

努力せず

鍛えず


心地よさを頼りに

自分の身体や感情ひらめきを

頼りに身体を動かしていけば

結果、そうなってしまった。


それが、本来の身体への向き合い方なんじゃないかな、と・・・


そのことで自分のすべて

身体(技術的な事も踏まえ) 考え方  ココロ 

改善したいことに直結し

自分の人生を変える事につながるような、



私のことでいえば

身体のことだけれども

歌い方が変わり

生まれてくる詩が変わり

メロデイがかわり

音楽への理解が深まるような・・・

そんなワークができないかと・・・


何しろAB型です。

一石五鳥ぐらい願ってしまいます。


そして、それが可能になった気がしています。



だって、音楽の練習をしなくても

私の歌はどんどん変わっています。

勿論、それに特化した練習は必要ですが

時間的には、

身体のワークに使う時間のほうが

断然多い。

もっと言えばその事に特化した練習でうまくいかない時は

身体のワークに戻り

何かを発見し、そこを改善したときは

できなかったことが

あっという間にできるようになっています。


それを私は

”基礎ポジション”の立ち位置が変わった、

と言っています


そんなことを可能にしたのは

骨の歪みを整えれば、

カラダがどんどん柔らかくなり

気が付けば

正座になりバレエのポジションになってしまったからです。

そしたら、

できないことが簡単にできるようになっている驚き・・・



身体の歪みを整えるとは


身体を柔らかくすることであり

真っ直ぐな息の通り道をつくることであり

身体が軽くなることであり

考え方が変わる事であり

カラダの内に宿る感情を手放すことであり

自分の真ん中にアクセスすることであり

自分を信頼することであり

自分の魂の帰る場所をつくることであり

声の出所をかえることであり

過去を終わらせることであり

真っ白な未来を信じることであり

できなかったことがすぐできるようになる事であり・・・


もうその効果は、すごいのです。


なぜ?

それは、自分の内側を感じ整えることで

自分の真ん中に立つ事だからだとおもいます。



この動画では、

自分として、まだまだいけていないところがあります。

でも、みえています。

多分、私の身体はどんどんかわるでしょう。


それは、はっきりと捕まえたからです。

イメージする場所

そして、それができない時の問題点


これは、とてもおもしろいです。


だからその瞬間、それができたら、

そして、その状態が増えていったら

私は新しい人生を歩みはじめてると思います。


そんなワークだから、ね。


ただの身体の話し、じゃないのです(笑)



やっていることは?


カラダ先行で骨の歪みを整え

身体が整ったあとは

イメージに身体がついていく、

イメージ先行の動きに変えながら

イメージの世界に身体を合わせ

その時に意識すべき場所

脳の使い方

チャンネルの合わせ方を

イメージを持つ場所、を

より明確にしながら

古い自己イメージに引っ張られず

どこかでみたものに引っ張られず

自分から何が生まれるか、にチャレンジしています。


よかったらみてやってください。



世にも美しいストレッチVOL・1






















いかがでしたか?


こんな方に、ぜひ知ってもらいたい



熱く 熱く そう願っています。


だって、すごくすごく簡単なんだもん


まずは、



自分なんて、とあきらめてしまっている方に・・


それはあなたのせいではなく、教え方が悪いのです。

だから、知ってほしい。

本当の身体の事


身体の痛みを抱えているパフォーマンサーに


身体が壊れる前に、

治療に費用をかけるくらいなら、

自分でできるこのやり方を獲得し

痛みのないポジションをつくって、

あなたの素晴らしさを、ますます、この世界に輝かしだしてほしい


ダンス、ヨガ、ストレッチ・・・

身体に関することを教えている方々に



リラックスできない人に

リラックスしましょう、

という言葉は全く意味がありません。


身体のどこかに滞りがある人に

身体をまっすぐにして、と指導すると

必ずどこかに無理が生じ、

その先には痛み、故障が生まれます。



できない人には、

身体の位置として

出来ない理由が必ずあるのです。


そこを伝えてあげれば、その人はあっという間に変わります。

そうすれば、あなたのクラスは

あなたにとっても

クライアントにとっても

もっともっと望んでいるものが行きかう場所になるでしょう

もっともっと的確な指導ができるでしょう。


もっとパフォーマンス力をアップしたい方に


もうすでに持っているあなたの力に

このやりかたをとりいいれれば

身体はまだまだ、未知の領域に踏み込み

できなかったことが

簡単にできる身体にかわるでしょう。

あなたの才能を、より輝かしだしてください。


WS,養成講座、個人セッションのご案内


⋆12月1日 11時~13時 大宮 高崎コミュニテーセンターにて

 ”基礎ポジションからの変容” WS開催いたします。

 WS後は、個人セッションのご予約も承っています。


⋆ Physical method for being 養成講座 まだ若干名申し込みを受け付けています。

 ⋆現在の日程でご都合が悪い場合、または 遠方の方で、まとめて受講されたい方、今なら

  1か月間 宿泊料金一泊2千円で 講座スケジュールをそれぞれ組むことが可能です。

⋆ 個人セッションご予約 11月の空き状況は 11月24日(木 )のみ

                             
                12月の空き状況は 12月 ㏡ (金)
                             12月 3日(土)
                             12月 7日(水)
                             12月 9日(金)
                             12月 10日(土)
                             12月 11日(日)
                             12月 16日(金)
                             12月 17日(土)
                             12月 21日(水)

                             時間 13時∻21時 それ以外は要相談
                             *出張可 受け付けております。
上記のお問い合わせ、申し込みは

お問い合わせ先 左をクリックして できればご希望3日まで書いてご連絡下さい。






PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る。

 この世界の全てのものは身体から生まれ、 あなたの身体の中に答えがある。 

あなたが本当に変わりたいなら ”基礎ポジション”を変えるのです。 

 ”PHYSICAL METHOD FOR BEING" 

 お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

2016年11月18日金曜日

あっという間に、ここに帰ってきたのです。

あっという間に、ここに帰ってきたのです。


魂が肉体を離れてしまった、という診断を受けた人


「落ち葉」の画像検索結果


ある日の陽だまりの公園

落ち葉を眺めながら、

ベンチに座る老夫婦のような二人

よく見るとミュージシャンの友人だった。


元気?と聞くと

いやあ、そうでもなくて

と答える。

どうしたの?

最近さ、クリスタルの楽器を扱うようになっていてね

そしたら、ある日急に起きれなくなったんだよね

なんにもできないの

それで、昨日病院に行ってさ

そしたら、

多分それが原因で魂が

肉体をはなれたままになってますね

って言われてさ・・・


で、どうしたの?


とりあえず、薬とフラワーエッセンス・・・

でも原因がわかったから安心したの

と、奥様。


そうか・・・・と私

ワークでよくなると思うんだけどな、


いやア…エクササイズとかだめなんだよね。

頭ではさ、あれしなきゃ、これしなきゃ、

って思うんだけど

身体が動かないんだよね。


ふ~ん、と私


あのね、人には身体にこうしなさい、とか

こうしよう、っていう場所がね、

それぞれあってね、

それを”かかと”にもってくると

身体が動くと思うよ。


いやあ・・・ぁ…ぁ... かかとかあ


なんと、その人は一瞬にして立ち上がったり

歩きだしたのである。


ね・・・と私。


自分でも驚いている友人


そう、身体は脳から動かすのではない


と私は思っている。


嬉しそうに足踏みする友人に

調子こいた私は

いい感じ!!そこにもう一つつけたすなら

鼻のむきと胸骨の向きは、おへそを見ててほしいなあ

でないとまた、魂がどこかにいっちゃいそう。

これはすごく大事な事。

⋆みなさんもちょっと自分の鼻のむき、おへそのむき確かめてみてね。

 上を向いている人は、必ず腰に負担が来てますよ。


ますます、身体生命が戻ってくる友人


お~~~いい感じ


そ子に、もう一つ付け足すなら

できれば眼球の位置をもうちょっと下げて

目線の高さをみてほしいなあ

でないと、目に魂がついていってしまう・・・


お~~~いい感じ。

そうやって、ちゃんと目の前のものをみてね。

ここが現実だから。


ますます、ここに帰ってくる友人。


最後に もう一つ 付け足すなら

胸が開きすぎて

すきあらば魂がぬけだしそうだから

ちょっと胸を閉じて、自分を守って・・・


そう、カラダは自分を守るためにもあるのです。


と、私は思っている。


すると、本当に友人の身体から

なんか電気を発するように

生命があふれだした。


これがシュタイナーのいう

エーテル体なのかな?


ない時はみえないけど

本当に

ひとつのことを付け足す度

友人の身体が

ここに生き始めたのがわかった。


以前に何度か書いたことがあるけれど

このワークの即効性はかなりです。


さあ、年越しまであと少し。

身体の不具合がある方は

寒さや、忙しさで

身体に無理が来る前に

私のところにいらっしゃい。


あっという間に改善し

さらに、

日頃のケアから

寝ながら、話ながら、運転しながらの

ながら、ながら、でできる

予防体操お伝えしますよ


WS,養成講座、個人セッションのご案内




⋆12月1日 11時~13時 大宮 高崎コミュニテーセンターにて

 ”基礎ポジションからの変容” WS開催いたします。

 WS後は、個人セッションのご予約も承っています。


⋆ Physical method for being 養成講座 まだ若干名申し込みを受け付けています。

 ⋆現在の日程でご都合が悪い場合、または 遠方の方で、まとめて受講されたい方、今なら

  1か月間 宿泊料金一泊2千円で 講座スケジュールをそれぞれ組むことが可能です。


 養成講座受講者の感想動画はこちらをどうぞ





⋆ 個人セッションご予約 11月の空き状況は 11月23日(水 祝)

                             11月24日(木 )のみ
                12月の空き状況は 12月 ㏡ (金)
                             12月 3日(土)
                             12月 7日(水)
                             12月 9日(金)
                             12月 10日(土)
                             12月 11日(日)
                             12月 16日(金)
                             12月 17日(土)
                             12月 21日(水)

                             時間 13時∻21時 それ以外は要相談
                             *出張可 受け付けております。
上記のお問い合わせ、申し込みは

お問い合わせ先 左をクリックして できればご希望3日まで書いてご連絡下さい。



PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る。 

この世界の全てのものは身体から生まれ、 あなたの身体の中に答えがある。  

あなたが本当に変わりたいなら ”基礎ポジション”を変えるのです。 

 ”PHYSICAL METHOD FOR BEING" お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

あかん、みんなひっくり返ってく・・・さよならミミズくん

あかん、みんなひっくり返ってく・・・さよならミミズくん


自分の身体が知らない世界

2016.11.17 マヤ歴 天と地の柱 勇気の日

パカッと、自分が会ってみたかったという人に

お会いすることができた。


昨日まで

そんな人がこの世界の存在することも知らなった。

ただ、いろんな意味で

今、自分がやっていることの先に

こんな風にカラダをとらえ

こんな風な身体になり

こんな風に仕事をし

こんな風な立ち位置で

こんな風に生きていたい、

と思い描いている、そのもので

すでに生きていて活動されている方だった。


そんな方の存在を知り

その翌日に生でお会いできた喜び。


具体的には

身体がもう次の次元にきたことを

感じていた私は、

さあこの先、今のやり方で

何もよまず、学ばず

自分だけで探索する、というやり方で

やったことのないこと,

例えば身体的に

バレエの人のように足が上がる、とか

跳び箱も跳べない、側転もできない私が

できるようになるのだろうか?


できてもできなくても

そこに大きな価値はみいだしていないけれど

その身体観は、

私には、まったくないもので

例えば側転まではいかなくても

足を上げるとなると

寝ている時や座って居る時、

縦のラインなら

どこまででも行けそうな感じがするけど

横のラインや立ってやる時には

どうしても足に重さを感じ、

その先は

自転車に乗れない子どものように

今の私の知らない世界、という気がして

その世界を知らずして

身体探索家といえるのかどうか・・・

そう思うと

側転だって

このカラダが空中でひっくり返る、

というのは、

もう未知の感覚で

その感覚を知っているのと

知っていないのは

違う世界にすんでいる、に等しい事に思う。


同じ人間なのに・・・。


そんなことを

心のどこかで想いながら

そろそろ

誰かに何を学ぶ、とという事をしてもいいのかも、と思い始めていた。

今なら、学んでも役に立つ。

それは歌にも同じ感じを持っていて

なんか、今の私で想像できない立ち位置に

歌うということ、が存在していて

そこもやっぱり

そろそろ誰かに習ったほうがいいかも

と思いながら

でもな・・・

私うるさいからな。

ピュアにそのことだけ学ぶってことできるかな・・・

私にぴったりの人がいれないいのになあ・・・


それ矢先

全然別のことでネットを検索していて

その方を知り、

身体の世界はこの人かも、と予感し

いつかお会いしたい、ぐらいにあさめていたものが

トントントンとその翌日

お会いすることができた。


しかも、今まで知りもしなかった

とても美しい世界をつくりあげるダンサーさんと一緒、という

オプション付きで・・・・


身体については

あっさり

その方から

”それは解剖学的なとらえ方で

 あなたがやってみたいことを

 私は、簡単に教えることができるけど

 あなたは、あなたのやり方でやったほうがいい

 そういうことをやっているんでしょ。

 そういう人はいっぱいいるよ。

 私とは違うけれど

 みんな、自分の方法論でメソッドをつくってる。

 そこは、あなたのやり方でみつけてほしい、って思う”

 と、聞いたことのあるメッソド

 聞いたことのないメッソドの名前とともに話してくれた。


 それから、身体の事、考え方、今思う事、人生、

 いろんなことを話した。


 完璧・・・・

 そんな人が、この世界に実在するなんて・・・

 ご本人さんは迷惑かもしれないが

 ただただ、そう思う私・・・


 帰り道

 まだまだ、ぜんぜんだな・・・

 やっぱ、この先は何かを学ぶ、ってことも必要かな

 何にも知らなさすぎるよね、私・・・

 なんか、井の中の蛙みたいに

 自分発見に一喜一憂して

 もうその世界をすでに生き、

 その上で、身体、考え方、生き方、を

 切磋琢磨している人がいるのに・・・

 全然次元が違いすぎる

 
 でも、そういう人に会えた喜び、触れられた喜び

 
 そんなものを持ちながら家につき

 とにかく今日は寝よう。。。と思った


 そう思いながら

 ふ~ん、解剖学的に簡単なんだ・・・・

 ふ~ん、なんで立って、やったことないことやろうとすると

 重たくなんのかなあ

 なんか、今までと全く違う感じがするなあ


 そこで昨夜発見しった

 蝶形骨の向きが思っていたのと逆だった事

 そこから思いつく

 ”歌”という、その物の思い方

 歌い方の変化

 いろいろ試しながら、


 この感覚、なかった・・・

 この感覚、そのものが

 ”歌う”という行為そのものを

 振り返させられ


 これが”歌”なのかも、

 とか、

 おもしろいおもしろい、とひたすらあれこれやり


 うん?もしかして

 身体もそういうことかも・・・と思う。


 身体が脳で、脳が身体で・・・


 とすると、今迄は

 妄想の中の身体ではなく、

 実在の身体を具体的に認識することで

 結果として

 創造力が羽ばたき、進化の過程や

 マンダラ、または、その人の見えない世界が

 イメージできるようになった。


 蝶形骨は逆をむいていた。

 あそこに

 創造の世界があり、

 物事を具現化していく


 とすると逆もあり、かも・・・


 はじめに創造物がある

 すると身体がそれについてくる


 うん?うん?うん?

  
 解剖学的に可能と言っていた

 
 解剖学的に可能なんだ・・・


 やってみた。


 できた!!


 え?


 なに?

 
 アスリートは創造力から生まれてるの!!


 
 
 脳から=創造力から

 身体を使ってみた


 軽い軽い~~~~!!


 うん?うん?うん?


 そうだよね、

 思えば身体はすぐそうなる
  
 そう言っているじゃないか私は・・・


 やったことのない事は怖い

 自分がひっくり返るなんて想像もつかない

 自分の脚が頭まで上がり、脚で身体を支えてる

 なんて、想像もできない、

 大変そう、重そう、あの人と私は素材が違う

 私は不器用

 私は音痴

 
 全部私からはじめてる


 私から始める時ついてくる

 いろんな考え


 才能、

 努力、

 できない人ができるようになるまでが大事

 いろいろいろいろ・・・


 そんなもんすっとばして

 創造力からはじめてみる


 やりたい

 やりたい

 立ちたい

 立ちたい

 自転車のりたい

 自転車のりたい


 全部同じじゃないか!!

 創造力に身体を従わせるんだ


創造力に身体を従わせるんだ
 


すべてがひっくり返り

多分、私はやっと、土から出た。

そう、生まれて初めての土からの脱出。


ようやっと私はミミズではなくなりました。

さよなら、ミミズデイズ。

愛しのミミズデイズ。


この土の中に、

私の宝物が根源があるのですね。


「アホロテトカゲ」の画像検索結果
















⋆これはアシナシトカゲというらしいのですが、トカゲくんなのに

 なぜだかまた土に戻りミミズのようなカラダになりくらしているのだそうです。

 暮らしぶりはミミズ、でもカラダはちゃんと背骨も手も眼もあるのです。

 ミミズの写真をさがしていたら、この子をみつけ
 
 ミミズだと思い写真を使わせていただいたら、

 敬愛するアニマンダラの天海ヒロさんから

 これはミミズではないんだよ、と上記の事を教えてくださいました。

 まるで、人間に生まれたのに、ミミズのように自分の世界の中からしか

 世界を見れていなかった私を象徴するようですね。
 
 52歳でもここから始めます(笑)

 上記のように



これで全部が符合し始めた


夕方の暗い中

小学校のグラウンド

キックボールの練習

ボールを受け止める事なんて

何回やってもできない私

八百屋のおっちゃんが

もう一回

もう一回

何度もボールをけってくる

”よし、今度こそは絶対取る”

ものすごくそう思った。


ボールが暗闇を飛んでくる

”よし、今度こそは”

”よし、今度こそは”

そう思いながら

ボールの下まで走る私


とれた!!


暗闇からおっちゃんの声がする


”わり、わり、*注 ごめん、ごめんの和歌山弁


 おっちゃん失敗したわ・・・・


 あれ~おまえ、とったんか?”


たった、それだけで終わった一コマ

多分、おっちゃんは覚えてもいない一瞬のできごと


でも、私は覚えていた。


だって、凄い遠いところに飛んできた。

必死で走った。

自分でもとれるなんて思えなかった


なのに取れた。


そして、それはそれっきりで

その後の私は

あいかわらずボールが飛んできてもとれない私

キックボール万年補欠の

運動音痴、運動神経ゼロの私だった。


でもずっと、不思議だった。


あの時なぜできたのか

あの時はできて

他の時にはできない、ということが

不思議だった。


そのできごと

私の人生で、たった2,3個しかない

私の成功体験だけをたよりに

なぜ?

なぜ?

なぜ?

なぜ?

そうできる時と

できないときがあるのか

そこが不思議で、ずっと身体探索してきた。


そしてやっと、わかった。


思えば、身体はすべてそこにむかって準備する


その通りなのだ。

それだけなのだ。

そうならないのは

それを邪魔する余計な考えが身体にあるからだ。

そういってたじゃないか私は

それが身体のミラクルだって


なぜ、あれとこれ、

それとあれを分けて考えてしまうのか・・・

自分でも気づかないところに

まだまだそれがいっぱいあるのだ。


不器用、不器用と思いこんでいた私は

幼少期から

そんなものをいっぱい持っていたんだ。


それは

多分、我が家に流れる

特に母方に流れる

考え=霊的なものと、

もって生まれた私の何かが符合してできたもののように思う。


だって、私は立てたのだ。

だから、なんだってできるはずだったんだ。


でも違ってた。


現実にいろんなものを持ちすぎてしまった。


そして今、

その持ちすぎていたものを

ひとつひとつ取り払い

どうしても超えれなかった壁をこえようとしている。


どうしても超えれなかった壁は


思ったことはすぐにできる。必ずできる。

できない時は、そう思っていないから


それを信じて生きるのか生きるのか、

そこにつきる気がしている。


同じくして

私の人生、子どもたちに起こった事

起こっている事にかんしても

出せないままの答えを今出しました。


息子君、

君の願いはすべて叶うよ。

お母さんはそこに向かって生きます。


あ~~~。

2016.11.17 マヤ歴 天と地の柱 勇気の日

突然の友達申請にすかさず

会える時間をつくってくださったその方に

(お名前をだしていいのかどうか

 わからないので控えておきます)


そのめぐりあわせを作ってくださった

大いなるものに

多分、

今は亡き父に

心から、ありがとうを送ります。

最後に

その身体のミラクルシステムを話している動画は

こちらにあります。

ミラクル結実子 NOTE  限りなく本当の身体の話

興味のある方はみてくださいね。


WS,養成講座、個人セッションのご案内


⋆12月1日 11時~13時 大宮 高崎コミュニテーセンターにて

 ”基礎ポジションからの変容” WS開催いたします。

 WS後は、個人セッションのご予約も承っています。


⋆ Physical method for being 養成講座 まだ若干名申し込みを受け付けています。

 ⋆現在の日程でご都合が悪い場合、または 遠方の方で、まとめて受講されたい方、今なら

  1か月間 宿泊料金一泊2千円で 講座スケジュールをそれぞれ組むことが可能です。


 養成講座受講者の感想動画はこちらをどうぞ


⋆ 個人セッションご予約 11月の空き状況は 11月23日(水 祝)

                             11月24日(木 )のみ
                12月の空き状況は 12月 ㏡ (金)
                             12月 3日(土)
                             12月 7日(水)
                             12月 9日(金)
                             12月 10日(土)
                             12月 11日(日)
                             12月 16日(金)
                             12月 17日(土)
                             12月 21日(水)

                             時間 13時∻21時 それ以外は要相談
                             *出張可 受け付けております。
上記のお問い合わせ、申し込みは

お問い合わせ先 左をクリックして できればご希望3日まで書いてご連絡下さい。


ではよい一日を・・・・



PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る。 

この世界の全てのものは身体から生まれ、 あなたの身体の中に答えがある。  

あなたが本当に変わりたいなら ”基礎ポジション”を変えるのです。 

”PHYSICAL METHOD FOR BEING" お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

2016年11月17日木曜日

あ~~~、立つとは、立ったとは、こういうことだったんだ

”あ~~~、立つとは、立ったとは・・・こういうことだったんだ”


息しかなかった。


筋力も、筋肉もいらない。

いやいや正確には

呼吸を支える筋力、筋肉だけがあればいい


それだけで、人は立ったんですね。


その力は

恐ろしいほどの吸引力で

土踏まずをつくり



















腰椎の後ろに空洞をつくり














後頭部に空洞を作り

「頭蓋骨」の画像検索結果















この世界を自分の物にしたんですね。


つまり・・・みえないけれどみてください(笑)


土踏まずの下にはまあるい世界があり

腰椎の後ろにはまあるい世界があり

後頭部の後ろは、分かれていて隙間があり

まあるい世界を後ろに、空に、返していく



だから、なかには、なにもないのですね。


もう一度見てください。

土踏まずの下の見えない”まる”



そしてほら、想像力を働かせて

右足と左足をかかとで合わせて開くのです。

それは肋骨と同じ形ですね。

おまけにこの画は

背骨まであてはめてくれています。

だから、かかとが仙骨=骨盤と関係があるのがわかりますね。


だから、足はそっくり身体のミニマム版なのです。


だから土踏まずの下の丸は

おへそのあたりの丸と同じで、

この世界と向き合っていますね。


そこから息を吸って

腰椎の後ろの丸まで集めてきますね。

それは下からの呼吸


上からの呼吸は鼻で吸って胸を通って

そこから、やっぱり腰椎の後ろの

見えない丸まで集めてきて


それから、

後頭部の丸に返していくんです。

そうすると

やっと思考=私の世界と一緒に

なって、息がこの世界に返されていくのです。


だから頭がい骨の、骨と骨の間はあいているし、

唯一この”まる”だけが想像じゃなくて

本当の”まる”ですよね


動物にはこの”まる”がないし、

土踏まずも、腰椎の後ろの”まる”もない

あるのは胸の中の”まる”ですね。


胸の”まる”はこの世界そのもの、感情界です。


だから、動物は感情界を生きています。


植物は感情界を見せてくれ、

命の世界=エーテル界を生きています。


参考までに鉱物は、物質界を生き、見せてくれています。


そして、もう一度

人間はそこに思考=霊的な世界をもったのです。


それが、後頭部の空洞にあらわれています。

そして頭頂は霊的なものを取り入れる場所です。


だから、きっと私達人間は”循環呼吸”が可能なんだと思います。


これは話がふくらみすぎるのでこれくらいにして


だから、頭部がだめだと生きていられないのだと思います。

動物的になら生きられるのかもしれない・・・・


この3つの空洞は人間が立つことで生まれたました

唯一人間が人間たるゆえんであり、

どっちが先かはわかりません。


だけど、だけど

余計なもの入れてはいけないね。

また、ここがなければ、

形は人間でも動物と一緒になっちゃいますよね。


だから、私たちは偏平足とか

腰が痛い、とか、頭痛がとか、言わずに

そこに空気をいれてあげましょう。


それは形がそうなのではなくて

そういう使い方を知らないから、

そうなっているだけで

だから、ちゃんとした

何かなの形まで、ちゃんと変えてしまうような

呼吸の仕方を学べば変わるのです。


それは、以前このブログでも紹介したことのある

たった一人で動物の進化過程を模索しながら

これからの人間像を”言語空間”または”情報空間”の中で

思考を進化させること、と唱えている天海ヒロさんが、

独自の進化論〝アニマンダラ”の中で

一番伝えたいことと同じ事のような気がします。

*アニマンダラ レクチャー講演 現在、東京で開催中です

 おもしろいですよ!!

 アニマンダラ HPはこちら


でもね、いくらそれがわかっても

この3つの空間がないとね、

自分の思考が生まれない、もしくは

この世界の言語空間、情報空間に生きる事はできなくって

それは、やっぱりどこまでいっても

着地する場所のない妄想のごとでしで、

この世界は動物のごとき

感情界を生きる人間界のままになってしまうのだと思います。


だから、これから大事なのは

土踏まず、

腰椎の後ろの”まる”=腰椎と背中の間にspaceがたっぷりあり

そして、後頭部の空洞と頭蓋骨をゆるめておきながら

胸=”感情の領域”をたっぷり使いながら

生きた思考を生み出していくことなのだと思います。


あれ?なんか

ただ息するだけで立てる、という事が

わかった喜びを書こう、と思ったのに

理屈ぽっくなってしまいました。


すみません・・・・AB型です。


最後に、ぜひ、これをみてください。

そして最後の画像。


まずは、こういう画像を作ってくださった方に

感謝と敬意を送ります。

ありがとうございます。


そうして、この頭蓋骨の中に

ミニマム人間が二人背中合わせでいるように

わたしには見えるのですが・・・

みなさんはどうでしょうか?


ミニマム人間の一人はこの世界を生き

足のミニマム人間と

全体のミニマム人間と

頭蓋骨の中のミニマム人間を生みだし、

さいごに見えないミニマム人間になり

かなたに向かっていく・・・・


そんなイメージが私にはみえます
















ほんと身体っておもしろすぎます。


PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る。 

この世界の全てのものは身体から生まれ、 あなたの身体の中に答えがある。

 あなたが本当に変わりたいなら ”基礎ポジション”を変えるのです。 

 ”PHYSICAL METHOD FOR BEING" お問い合わせ 

yumiko@physicalmethod.com




2016年11月15日火曜日

ダメなまま、ただやればいい~養成講座第2期第一回目より~

ダメなまま、ただやればいい

    ~養成講座第2期第一回目より~


”呼吸しかないんだ”


ここ最近のマイワークでつくづく思う。

その素晴らしさ、ミラクル・・・


そう言えば聖書に書いてあるじゃないか

”神様は鼻に息を吹きかけられた”って


なんでそこに気づかなかったんだ・・・

それこそが命の源泉、生きる事じゃないか


”まっすぐな息の通り道”を身体の内に作る

そうやって進めてきたマイワークを

やればやるほど

骨格は空洞を作るためにあり

その空洞は息を通すためにあり

すべてが中心にむかっているのがわかる。


その空洞は、

みなさんが思い浮かべるほどアバウトではなく

土踏まず、

股関節の付け根と恥骨と坐骨たちが作りだす

シークレットデルタゾーンからおへそと腰椎の間

肩胛骨と肩甲骨の間にある背骨のライン

鎖骨に向かう頸椎=喉の中

眼、耳、鼻を結び蝶形骨の下から喉の奥に流れるライン

そしてぽっかりあいている蝶形骨の下の空洞達が

中心の部分として

ある部分の中心に、

見事に

見事すぎるほど見事に点在し

まあるい世界の全てを

自分の中心にとりこむようできている。

(と、今の私は感じている)


養成講座第2期初回2日間スタート


4月から始めた養成講座第1期で手ごたえを感じ

さらにスタートした第2期生2名の方との初日。

お二人ともWS、個人セッションで

すでにP・M・B・の三つの基礎ポジションはお伝えしてあった。


まずは、それを思い出すところからスタート。


ところが、それぞれにそれなりのようで異なり、

で、この異なり、から、

その人が何を見ていて、

その人に何が起こっているのかがよくわかる。


一人の方は、

一見よくできているようにみえて

ある領域を全く使っていない事がわかる。

そこで、そこに息を入れるようお伝えする。


”どうしても入れたくないみたい・・・・”

しばらくしてその人が答えた。

そうだよね・・・


その人は、ちゃんと息をすっていても

どうしても自分の感情領域を使う事=

胸の奥の部分は通さずに呼吸している。


それはまさしく、感じないで生きようとしている事、と同じだ。

感じないでイキル・・・

何のために?

それは生きている、といえるのか・・・


そこで、口に中の感覚に意識を向けるワークをしていく

”わあ~、いやがってる”

その人は言った。


でも、そこまで感じ取れる、というだけでも

このワークの価値はある。


口の中の感覚は一番原始的な感覚


だから、理性的に生きようとする人ほど

そこを使う事を拒否する。


”うん、でもがんばってやってみて、

 だって、ほら、こんな感じ、楽しいよ。

 どんな感じがする?”

と、一緒にやる私。


”はい・・・・・・

 ・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・”


”どう?”


”・・・・

 やわらかい・・・・

 気持ちいい・・・・

 楽しい・・・・

 
 やめられな~い!!”


”ね、私たちの身体ってこんなにやわらかいんだよ。”


 ”気持ちいいでしょ”

 大笑いの私たち。


 そうして、私たちはペコちゃんのごとく

 下で唇や口の中をなめまわし

 しあわせになり、

 胸の領域はあっという間にほどけていった。


 もう一人の人は

 もっと、もっと奥が固く閉ざしている。

 同じ事をしていても

 似ていて異なり。


 何がそこまで自分を使う事を拒絶しているのか

 ここまでくれば、ゆっくりとその思考のもとを探るしかない。


 私の見解からすると

 自分を使わず何かをする、何かをしよう、という事は

 ある意味では、

 自分じゃないものになろうとしていることだし

 自分以外のものを信じていることだし

 自分をダメだとおもっていることでもある。


 でも、そしたら

 自分はどこにいくの?
 
 ダメでもよくても

 この世界で唯一無二の

今の自分は、いったいどこに存在するの?



それはあまりに悲しい行為だ。

自分に対する虐待だ。


だから、何がそうさせるのか

お互いがその根源を見つけ出せるよう

ゆっくり丁寧に話す。


その人はポロポロポロポロ涙を流しながら

小さい頃から泣き虫だった事

お父さんやお母さんが願っている事が

うまくできず、

というより、それとは違う事を自分は願っていて

だけど、それが何なのかもわからず

言葉にもできず

ただ泣いていたような自分を想いだし

泣けば、学校では笑われたり、

家では叱られたり…の日々を思い出し、

だから、

自分はそんなんじゃない、と

自分なりの大事なものに向かって歩み、

そんなんじゃない自分を確立しようとあがき

でも、そんなんじゃない自分は

どこにもあてはまらず、

そんなんじゃない自分をなんとかしたくて

今、ここにいる・・・・


そんなんじゃない自分は何もできない・・・

だから、なんとかしなくっちゃ・・・そんな感じだった。


そんな話を聞いていくうちに

私はニッコリ、あ~そうかと思った。

だから言った。


”そのままでいいんだよ”


そんなんじゃない、というのはもういらなくて

そのままの自分、

何もできない自分

泣き虫な自分、

よくわからない自分、そのままでいいの

そこに何の問題もない

だから、

そこを何とかしようとは思わないで

そんな自分が何をしたい?

そんな自分でも何をしたい、って思う?

そこを一生懸命しよう。


だって、今一番かわいいよ。

さっきまでの

なんかわからないものを信じて

がんばっているあなたより、

今の、そのままのあなたが、とってもかわいい

だから、そのままで

なんでもやれないいよ。


そうするうちに

泣き虫でも、もっと強くなる、がんばれる。


かっこいいじゃん

泣き虫の殺し屋”ニキータ”見たい(笑う)


そう、”ニキータ”という映画の主人公は

とっても泣き虫な殺し屋

ポロポロポロポロ泣きながら

人を殺していく


確か、リュックベンソン?の映画


本当にいいアーテイストは

時代を予見する。


だから、問題なのは

自分ではなくて、

自分がそこ、

何か心底、

自分のやりたいことをやってないこと、

に問題があって、

それがわかれば、今すぐやればいい

それだけの話だ。


すると、

突然、話を聞いていたもう一人の人が

”そうだったんだ・・・”

ポロポロの二乗をこえ

泣きだした。


?????

”どうしたの?”と私


”あ、はい・・・そうだったんだ、って

 私のやるべきことは、

 今すぐ、それをすることだったんだ、って
  
 ただそれだけだったんだって・・・

 今、わかりました。


 今まで、それをするためには、

 oooにいって、もっといいものを仕入れてとか

 もっと、自分をとぎすませて、とか

 そんなことばかりやってたけど

 違うんですね。


 あるもので、

今の自分で、

今すぐやる。

 
 そうすれば、

 いつかoooにいけるかもしれないし、

 いけないかもしれない

 でも、そんなことはどっちでもいい

 ただ、やりたいだけだから・・・

 それで、やっていくことで、

 自分もかわってくる。

 ただ、それだけだったんですね・・・・


 全然違うところに立っていました・・・・。


”このワークは、私を全く違うところに立たせてくれた”


と気づかせてくれました。


そう、いつからなんだろう・・・

多くの人が、

やらない理由

できない理由を

自分、にもってくるのではなく

前世だの

親だの

はては

自分は宇宙人だの

とにかく、

あるとあらゆるものにもってくる。


ご縁あってかかわらせていただいている

パーキンソンのNさんの場合だったら

筋力がない、とか、

鼻呼吸できない、とか、


でも、どれもこれも

そう思うなら

ただ、それをやればいい、

それだけの話だ。



私の場合で行くと

歌いたいなら

どこでも歌えばいい、だけの話。


おかげで

私の子どもたちは

私の歌がトラウマだと言っている(笑)


ごはんをつくりながら、

車を運転しながら

歩きながら

ただ、私は歌い、何が違うんだろう

どうすればいいんだろう、

と身体を探っている。


ただ、それだけの話しだ。


そう、

あなたのしたいことは、

例え、どんなあなた、でも、

どんな状況でも、環境でも

いつでも、どこでも、で・き・る・のです。


そこまで考えを落とし込んでいく


それが大事で、それしかないのです。


だけど、私のワークはスペシャルだから、

最後この世界とかかわっていく立ち位置を

明確に図として

みなさんにお伝えしこの日のワークは終えました。


その図を見た参加者さんは

はあ~これで腑に落ちた。

もっとはやくしっておきたかった。

誰も、この事を教えてくれなかった、と言ってくださいました。


このブログの最後は

そんな参加者さんの感想を動画でアップしておしまいにします。

また、11月20日までなら

養成講座第2期、お互いの予定をするあわせ補講をし

合流可能です。

興味のある方はご連絡くださいね。




















あ、そうそう。

あわせて最近NOTEをはじめました。

そこに、養成講座の講義内容をアップしています。

第1回目は、

もう絶対本にしたかった、

ミラクル結実子のミラクル発見をお話しています。

こちらもぜひ、ご覧下さい。

NOTE クリエイター部門 ミラクル結実子 

⋆NOTEはクリエイターサポート機能があって

 アーテイスト ミラクル結実子をサポートすることができます。

 日々、子育てしながら身体探索し、虎視奮闘するミラクル結実子を

 ぜひ、応援してやって下さいね。


PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る。 

この世界の全てのものは身体から生まれ、 あなたの身体の中に答えがある。  

あなたが本当に変わりたいなら ”基礎ポジション”を変えるのです。 

”PHYSICAL METHOD FOR BEING" 

 お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com