2016年9月21日水曜日

ミラクル(良久)結実子のミラクル身体探索: 身体,ココロ・・どうにもならない事抱えてる方へ

ミラクル(良久)結実子のミラクル身体探索: 身体,ココロ・・どうにもならない事抱えてる方へ: カラダ、ココロ・・・ どうにもならない事書変えてる方へ 今、ご縁があって パーキンソンと診断され 最近お会いした時には もう机の上に、 おでこをくっつけてしか座ってられず、 目はめやにであかなくなり 声を出す... PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る”PHYSICAL METHOD FOR BEING"お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

身体,ココロ・・どうにもならない事抱えてる方へ



カラダ、ココロ・・・どうにもならない事抱えてる方へ





 今、ご縁があって、パーキンソン病と診断され

 最近お会いした時には、もう机の上に、

 おでこをくっつけてしか座ってられず、

 目はめやにであかなくなり

 声を出すことも難しくなって居る方に

 ワークをさせていただいている。


1年前にお会いした時より状態はぐっと悪くなって居た。


1日目

とにもかくにも、セラピーで歪んでしまった骨を整え、その後のワークで声が出るようになった。

2日目

歌が歌えるようになり、知床旅情を一緒に歌った。

そのさいに、さりげなく手拍子足拍子をいれたら、動かないはずの、持ちあがらないはずの

手足が動き、ひじより上に手が上がった。

出なかった声も、自分の娘さんの名前を呼んでもらったら、見事に、その頃のお父さんの声に戻った。


その間に、飲んでいるメンタル系の薬をやめるようお願いした。ご本人様も奥様もお医者さんの指示には逆らえない、と、いまだに納得はしていないけれど、1か月だけやってみましょう、としぶしぶ承諾しTRYしている。


症状はみるみる改善している。象の足のように向くんだ足は指の形が見え始め、めやにがなくなり

目が開き、声がでワークの助けもあるが身体は起こせるようになった。



3日目

ベッドの上の体操をした。マッチ棒のように寝ていても直立不動になってしまうのを

力を抜いて寝れるんだよ、という事を体験してもらい


4日目

おへそを出すワークをしてもらった。おへそには身体の秘密がたくさんある。でも、なぜか、そこに触れたものは少ない。もっと言えば、第三の目より、松果体より、何よりおへそが肝心、だと、今の私は思ってる。



おへそだと一発で全てを変えられる。


もちろん、やりかたはあるのだけれど・・・
見事、その方のおへそは消えていた。腰椎にくっつくようにすぼまり、おなかにはさまれて”ない”


そのおへそをみて、その方は泣きだしてしまった。

”おへそが、腰椎にくっついてるよ~これじゃ、息が入らない。。。”


そんなこんなのワークをしながら

5日目

なんと、傾かずカウチに座っていらっしゃる。目もあいている。

でも、心はここにあらず。少し話しかけても、一瞬たりともこちらをみず”頭がね重くって・・・”
”頭が重い時はどうするか、 この間できましたよね。またやってみましょうか?”

やりはじめる。でもうつらうつら、眠ってしまいそう・・・


”お父さん、眠い?眠い時はねたほうがいいんですよ。少し眠りますか?””いや、大丈夫です
 やります。”でも、できそうにないな・・・


”じゃ、お父さん、考えが回っちゃうときのワークは?この間やったでしょあれ、やりましょう”

でも、ぜんぜん、めがあかない・・・

あらららら・・・で、眠ってしまいそう。


そこで、

”お父さんがんばってめをあけて、ワタシより大きく開けて、ね、何が見える?
 ほら、あそこの壁には何があるの?””う^ん、絵だねえ。絵手紙の絵だね・・・
"なにいろ?””あか”

”あか・・・は。すいか?”いや、ちがう、トマトだ”じゃ、こっちの壁には何があるの?”
”じゃ、窓の向こうには何が見える?””私は見ないから教えて””となりのマンション”
”となりのマンションのむこうには何があるの?”え~と公園”
*・・・・このあたりからは、記憶をみることになる・・・

”公園には何があるの?””そこに行くのは好き?”
”前は歩いてよく言った””へえ~歩いてどこに行ったの?””どこに行くのが好きだったの?”

会話はどんどんはずむ。パーキンソ病の人なんて思えない顔はまっすぐ声もでる。


最後は、お父さんの好きな

”飛鳥時代”の話にまで及ぶ。


”ね、お父さん、

 今、頭重くないでしょ”

”そうだね”

”どこが一番重たい?”

”・・・・”

”ここじゃない?”

とお腹のあたりを触るワタシ


”そうだね”

”ね、おとうさん。

 自分の好きな話をするときは

 頭重くないね。

 なんでかな?

 好きな事を考える時って

 どこを使ってるんだろう?”


そうやって、

今にも憂鬱で

押しつぶされそうなお父さんは

いつのまにか、

ぱっちりおめめで

くっきり声で

たくさんの事を話してくださった。


ワークとしてはじめたのは

ちゃんと目を開けてまわりをみる、

それだけだ。


たったそれだけで

思考の牢獄から

抜け出すことができた。


それを薬で、とか

その考え方が、とか

ではない。


当たり前の

そんな小さなことで

すべてが変わった。


またこのところ

セッションにいらしてくださる方

WSに出会う方


なんというか、

自分自身につて、とか

将来について、とか

地球について、とか

すごくすごく

大それた、とか

大きな、とか

難しい、ような事に

取り組み、

なのに、

本当に小さな小さなところで

頑張らない

自分を放棄しているように

感じることがよくある。


でも、その一点で

そこを放棄したら

もうわけがわからなくなるでしょ。

みたいな・・・。


そう、

そのこんがらがりのはじめは

いつもたった一つの小さなことから

はじまっている。


だから、

身体、ココロ、

どうにもならないことを抱えているように

思われる方も

ぜひ、そこからはじめてほしい、


そこからがわからないから、

困ってるんだよ、という方は

ぜひワークにいらしてほしい。


それも難しいと思われる方に


キーワードは心地よさ。

1ミリぶれると

すべてがぶれる


それだけをたよりに

自分が

正直に

素直に

居られる身体の位置を

どうぞ

練習して

暇さえあれば練習してみてください。

               YUMIKO


PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る
”PHYSICAL METHOD FOR BEING"
お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

2016年9月15日木曜日

ミラクル(良久)結実子のミラクル身体探索: 自分の星の真ん中に立つ…2016、宿泊夏合宿から

養成講座宿泊夏合宿

深かったなあ・・・

その一部をまずはシェアします。

よかったら読んでね

ミラクル(良久)結実子のミラクル身体探索: 自分の星の真ん中に立つ…


2016、宿泊夏合宿から:

おもしろさと実感と変化だけを頼りに 身体探索を続け、

 何のステータスもなくバックアップもなしに この4月、

1年間の養成講座をスタートさせた 最初の受講者は6名 。

 すでにこの世界にあるものと 全く違う身体観、学ぶ、... 

PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る

”PHYSICAL METHOD FOR BEING"お問い合わせ 

yumiko@physicalmethod.com

自分の星の真ん中に立つ…2016、宿泊夏合宿から



自分の星の真ん中に立つ…2016、宿泊夏合宿から

おもしろさと実感と変化だけを頼り

身体探索を続け、

何のステータスもなくバックアップもなしに

この4月、1年間の養成講座をスタートさせた

最初の受講者は6名


すでにこの世界にあるものと

全く違う身体観、学ぶ、という概念の違いに

j受講者の方々は

最初の3か月は、よくわからないまま

それぞれのタイミングで

私にバス―ガ弾丸を打たれたような体験をしたという。


ある人は、自分の何もなさにに気づき愕然としたり、

ある人は、今までやり過ごしていた感情に出会い

その処理に落ち込んだり


私のほうも

あえてそこを狙ってワークするわけではなく

"生きるとは?”

人が本当の意味で

”生きるとは?”


どういうことか、という身体観をもって

脳と身体と意識を整え

身体の中に”まっすぐな息の通り道”をつくろう、

とすると、

どうしても”そこに”触れる必要があり

言葉にする。



”そこ”とは自分に対して1ミリのごまかしもない場所

多分、それに耐えられず・・・

受講をやめられた方が1名。


その身体観とは

自分が自分という星の真ん中に立ち

この世界とであい

この世界と出会う事で

新たな自分と出会い

自分じゃないもののために

自分を使う時

初めて人が人として


この世界で生き始めるのでは?


という身体観


なので夏の合宿は総勢5名で開催。

その内容は

とても深いものになった。


学ぶという概念さえ変えてしまう


ある人は、ただ面白い と素直に喜び

ある人は、自分が本当に何もないところに何かを生みだしている

という体験をした、と言い

ある人は、本当に深く自分の身体にアクセスする、ということは

カラダのついてガンガン学ぶ、ということではなく、

それぞれが持っている独特の意識=思考に

アクセスすることだったんだと実感し

ある人は、その場所の素晴らしさに

ただただ、喜びを満喫し

ある人は、呼吸する、という概念が全く違っていた、

という事に気づいた、

と話してくれた。


宿泊場所はこんな場所


宿泊として使わしていただいたのは

こんな場所。




*現地入りすると

      チマチマしたワークなんかしてられんな、

      と、考えていたワークは脇におき、

      この場にふさわしいワークを組み立て直した私です。






























参加者さんからの感想

”孤独を作り出していたのは自分でした”」


その合宿後、参加者の方から

”孤独を作りだしていたのは自分でした”

という言葉とともに

こんな感想をいただいた。

受講者からの感想

自分の中に面白いパターンを見つけました

人が離れて行く前に自分から拒絶するパターン

1人でいることがデフォルトだったから、

1人でなくなると1人に戻りたがるし

離れていく雰囲気があると、

こちらから先に拒絶する行動パターン


孤独でいれば、寂しさは軽くで済むから、

人と長く深くつながっていることが不安になるみたいです


家族は、拒絶しないから大丈夫で

家族以外は離れていくかもしれない人たち。

そんな線引きをして生きてきたみたいです。

ダンスWSのときの、

ワークで自分のカラダに光を入れていったのと、

自分の内側を外へとひっくり返すワークで、

外の世界をやっとわたしの内に入れられるようになってきて、

やっと自分が自分で孤独を生み出していることに気付きました。



なんと”さみしい選択”だろう。

でも、誰にでもある。


消えないものがアル


人とかかわってめんどくさいくらいなら

一人のほうがいい。


自分じゃない人とかかわって

ややこしくなるくらいなら

ややこしくならない距離感がいい


そうやってかかわっても

最後は一人になるなら

最初から、距離おおいたほうがいい・・・


でも、そうじゃないんだ。


それじゃ、私という存在はどこにも残らない


”私”という存在は

この世界では

いつかは必ず消えてしまう、


そんなさみしいこと、あるだろうか?

いくらやったって

想像できない世界、


でも消えない世界がある。


あるのです。


それは、あなたの私の、心の中だ。


それでも捨てれないもの



スムーズで問題のないかかわりなんて

何も残さない


めんどくさくて

ややこしいかかわりの中で

それでも

それを手放せず、お互いが寄り添う時、

あなた、が、ワタシの心に刻まれる。

ワタシの心に刻まれた”あなた”は

私の中に、新しい世界観をつくる。

その世界観が、また、

ワタシから別な人に伝わる。


それが”よきもの”なら、

その世界観は

形を変え、行動を変え

また別な”あなた”に伝わる。


”よきもの”でないなら、

いつかは死に絶える。

なぜ?


人にとって”永遠の命”を存在させるのに

必要なものは”感動”だから・・・



”感動”はよきものからしか生まれない


そして”感動”は

一瞬にして

人を自分の星の真ん中に立たせる。


自分から解放されるとき


心は”自分にはない”ものを受け取った時

時に”感動”する。


自分の星の真ん中に立って

自分じゃないものに集中しているとき

初めて心も、考えも解放される。


それくらい自分じゃないものに

集中しないと

自分は自分の囚われの身となっている。


それくらい

私たちは”外側から自分”を

知らされ続けすぎたのではないのだろうか?


永遠の孤独



そして、その外側から自分を見る限り、

自分は

自分自身で

批判され

判断されることになり

自分の星の真ん中に立つ

どころか

自分の星さえ見失っているのではないだろうか?


暗い宇宙で、帰れなくなった宇宙飛行士が

永遠に地球の周りをまわり続けるように

私達の意識は、帰る場所をなくし

どこかも、なにかもわからない場所に

ぽっかりうかんだまま

ぐるぐるぐるぐる、

永遠の円運動を続けるように・・・


*私が思ってる自分の星とは

自分の人生でおこったことすべて

であった事、人、物すべて

自分をこの世界に存在させている何か

自分をこの世界に存在させた何か

をふくむ物は、自分の世界であり、

見えていないけれど

一つの宇宙

一つの星だと認識しています。

その星の上に立つこと


身体的に意識的に、それがものすごく大事だと。




もう一度


自分の星の真ん中に立つということ





”感動”は


意識が自分じゃないものに


アクセスした時に起こる


そして


一瞬にして


自分を自分の星の真ん中に立たせる





感動は人の心に生き続け


その人の世界を育くむ





そうやって育まれた世界は


また別な人の心に働きかけ


時に感動が生まれる。





その感動が、また。。。。





そうやって、


私、という存在が、


形をこえて


誰かの心に生き始める。



だって、消えたくないもの・・・




この合宿のテーマとなったもの




養成講座夏合宿


何より、

判断も批判も加えず

自分ではない人を

そのまま、受けとる

理解する。

そして

共に生きる。


ということを


知らぬ間ワークし、実践し


裸になり

素直さを取り戻し


その上で

自分じゃない人を理解し

共にいれるよう


身体から

意識から

余分な物を取り除き続けた

2日間でした。


帰る時には、こんなピカピカの笑顔。
























こんな素敵な時間を

与えてくれた

参加者の皆さん

多いなるものの働きかけに

ただただ感謝です。


*養成講座2期生


間もなく募集がはじまります。

個人的な事情で

このような形で

養成講座が開催できるのも

ここ何年かです。

興味のある方は

どうぞ、今のうちに受講を検討され

下記のメール

またはこのブログのコメント欄に

お問合せ下さいね。


PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る

 ”PHYSICAL METHOD FOR BEING"

 お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

2016年9月9日金曜日

”動物人間”と言う称号いただきました!!

”動物人間”と言う称号いただきました!!”

このワークの果てに何があるか?

なんと”動物人間”という

輝かしい称号いただいちゃいました。


そう命名してくださったのは

とにもかくにも

このワークの養成講座の受講を即座に希望し

最初の頃は

つまらなければすぐあきちゃって眠たいモード

おもしろければ、あっというまに瞳が輝き

ここ最近は、もう本当に

かなり深いところをズバッと問いかけてくる


それに答えられるよう

私のほうも

もう”これぞアーテイストの秘儀”みたいな

最新の身体観をワークに変換し

投げかけけると

水を得た魚のように

よろこびにあふれTRYしてくる

MAKIKOさん。


彼女は歌も歌い

絵も書き

セラピストでもあり

何よりその色彩感が素晴らしく

そのどれもに魂の震えを感じさせてくれる人


生徒さんでいながら

私の中では

ひそかにライバルと思ってる人

が、先日の馬車道KING’S Bar

”がらくた7”のライブにきてくださいました。



『The King's 海賊王の庭遊び』らライブにて



この日のライブは

『The King's 海賊王の庭遊び』


ということで

横浜、菊名で走る人ぞ知る

自称”丘海賊”こと”キャプテンさんが

昨年から 

自分のために自分の好きな人を集めて

KING’S Barのお隣 KING’S Bar vinneteで

開催してきたliveが

KING’S Barにステージアップした

記念すべき第一弾の日。


出演したのはキャプテン+3バンド

がらくた7は光栄にも

その中の1バンドとして出演させていただいた

なんとも幸せなliveだったのであります。


余談ですが

そこで、

いつもKING’S Bar Vinneteの

マスターとして

出演者やお客様をもてなしてくれる

”ならさん”は

何と知る人ぞ知るミュージシャンで

その”ならさん”がギターを弾き

ちょいと歌ってくれたのですが

その第一声は

もう、聞く人を完全ノックアウト

KING’S Barには

ため息と歓声が響き渡ったのであります。


そして、私はおそれおおくも

もう身体が一緒に歌いたい!!

モードいっぱいになり

最後はステージで

ご一緒させていただき

”変人あほ仲間入り”させていただいたのであります。


皆さんも、今度機会があったら

必ず情報シェアいたしますので

”がらくた7”のライブもすごいけど

”ならさん”のliveにもいってみてください。


ちょ~SEXYだから。


そしてキャプテンさんが開催する

”海賊シリーズ”のliveにも。


この”海賊シリーズ”のライブが

”アングラだけど本物のアーテイスト”に

出会いたい人には

ちょ~おすすめなの。


なんというか、

こういう生き方もあるんだ、とか

こうしかできない

そういう人が

アーテイスト、もどき、なんて

言わせようもないくらい

オリジナリティで

音楽をやっているの。


それが時には

笑いあり

胸キュンあり

過激性あり

淫靡性あり、で

ほんま、みなきゃわからん

て感じなのです。


話はそれてしまいましたが、

そんなライブをMAKIちゃんが

駆けつけてくれ

下記の感想をFBにアップしてくださいました。


そこで私は”動物人間”なる

称号をいただいたのであります。


うれしい!!


MAKIちゃん、ありがとう。


この日の私は

またまた一皮むけ、

つかみはじめた

”歌う”ということを

バーンとステージにぶつけ

その手ごたえを

十分に感じた日でもありました。




そのタイミングで

MAKIちゃん、ならさん、に会えたことは

きっと何かの意味があるのだと思います。


ますます”動物人間”として

つまらんない考えをすて

歌っていくぞ~!!




以下MAKIちゃんの感想です。


いただいたライブ後の感想


”そして最後に駆けつけたのは、
 
 ガラクタ7のライブ!!!

 ゆみこさんがライブで歌う姿を見るのは、初めてで、

 ドキドキワクワクで走って向かった。

 この方は、「動物人間」と名付けよう、

 と歌を聴いていて思ったのでした!

 まさに、動物としての人間がそこにいた。

 生きてた。

 その瞬間瞬間に、すべての生命を差し出すように。

 でも、恐れや敬いや、畏怖みたいなものは微塵もなくて、

 ただただ、この瞬間の生命を謳歌しているような。

 
 いつもの身体のワークが、

 そのまま生きることにつながっていることを、

 まざまざとその存在の重さで伝えてくれた感じ。


 息子さんへ向けての歌は、ラブソング。

 涙が溢れて、隣を見たら、

 キラッキラの瞳でニコッと微笑む息子さんの笑顔に

 胸を打ち抜かれそうになるww

 シアワセだなぁ。

 他のバンドの方々も、

 私が普段出逢うことのない方々で、

 本当に楽しませていただきました!!

 こんな風に、ただただ好きなことを本気でやって、

 自分自身をまるまんまさらけ出している人たち。

 その空気がたまらなく爽快で軽やかで

 大好きになっちゃった^^

 また行こう!”

 MAKIちゃん、ガラクタメンバー

 キャプテン、ならさん 、出演者の皆さん

 そして息子君

 ありがとう!!



PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る

”PHYSICAL METHOD FOR BEING"

お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

2016年9月8日木曜日

基礎ポジションって?&WSのご案内

I.m a butterfly of my own"

~基礎ポジションからの変容~WS


9月、おかげさまで

あちこちで

開催希望のお声ををいただき

現在決まっている開催場所、日程を

お伝えします。


9月12日 

さいたま 高鼻コミュニティセンター 11:00~13:00 (定員 15名)

参加費 通常8千円のところ体験講座価格にて5千円

詳しくはこちら https://www.facebook.com/events/933390680124069/


9月12日

原宿 ルハニスタジオ         19:00~21;00 (定員 15名)

参加費 通常8千円のところ体験講座価格にて5千円

詳しくはこちら https://www.facebook.com/events/1749807511953965/


9月19日

神奈川県葉山町 P・M・B・Labo  13・00~18:00(定員 3名)

⋆パーソナルレッスンのコミットの深さと
 パーソナルレッスン3コマ分の内容を
 よりリーズナブルにしたWS

参加費 22000円

詳しくはこちら https://www.facebook.com/events/1045834982197395/ 



基礎ポジションってなあに?


先日、ヴィーナスラインエロスワークを共に主催していた

”えるぅか”さんが、

結実子さんの言っている事と同じこと言ってる気がする

と、イチロー選手の動画をおしえてくれました。

この動画を見れば

”基礎ポジション”の意味が

より伝わりやすくなる気がします





いかがでしたか?


補足してお伝えすると、

身体は物質ですから

物理的に

例えば、いくらあなたが

股関節を柔らかくしたいと

ストレッチしても

今のあなたの骨の位置と、

その使い方では

どうやっても、ここまでしか動かない、

という具体的な理由があります。

逆に言うと、

ストレッチをしなくても

骨の位置をかえ、

その使い方がわかれば

身体は驚くほど柔らかくなります。


その骨の位置を

P.M.Bでは

”基礎ポジション”とよんでいます。


と、同時に

この”基礎ポジション”は

身体の事、だけではなく、


あなたの生き方、


人生そのものをつくりだします。




そのことについて

以前私が書いた文章を

お客様が上手にまとめてくださいました。


以下その文章です。


「あなたがこの世界とかかわるとき
 あなたの身体に何が起こり 

 どんな風にカラダを使っているか。
 そこにあなたの

 この世界に対する考え方があり、
 
 その考えが


 身体の位置を決め
 

 身体の使い方が生まれ
 
 それがあなたの次の人生を作り
 

 その人生が次の身体を作っていく。」

そう、”基礎ポジション”は、

単なる"カラダ”だけの問題ではなく

自分の人生をつくりだす、

生き方の”基礎ポジション”
もあるのです。


そして、誰しも 身体を動かす時に

身体を動かそうとする

身体の使い手がいます。


その使い手が

身体の中のどこに、

または、

身体の外のどこにいるか


それらを含め

P.M.B.は”基礎ポジション”と呼んでいるのです。


その大切さは、

P・M・B・のワークを体験してくだされば

わかります。



苦手なことを可能にする基礎ポジション


私の実感としては、

身体が硬いって、

あんなに努力した日々


やりたいことの

10パーセントもできなくて

いつもいつも

できなくて

それでもあきらめきれず

ただ練習あるのみ、

と突き進んだ日々


それらが一体何だったのか、

と思うくらい、


基礎ポジションが変わるだけで

全てが可能になっていく


どんどん可能になっていく、



そんな感じです。


最後に先日

同じ内容で開催した

原宿ルハニスタジオでの様子を

”えるぅか”さんが

文章にしてくださいました。


WSご感想


先月原宿でのWSでは、

ベリーダンサーだけでなく、


舞台に立たれている演者さん、


アフリカンダンサー、


自分のカラダに違和感、


呼吸の苦しさを感じている方、


ダンスをしてみたい方、


と幅の広い方たちに参加していただき、


2時間の短いワークの中ででも、

リズムを生み出し共有し


踊りを生み出していくことを体験していただきました。


カラダの基礎ポジションの変容というテーマからは、


足の地面の着地感、


カラダの意識の置く位置、


呼吸が楽になること、


考え過ぎなくなるなど、


生きていく中ででも


大切なことを持って帰っていただきました。

カラダって、とっても素直で


シンプルにできているのです。


興味にある方は


下記のアドレスまで…





PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る 

”PHYSICAL METHOD FOR BEING"

お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com