2016年5月23日月曜日

私は、立ちあがった。。。






全ては同時進行で起こっていく・・・・


自宅下にあるセッションスペースを改造し始め

ほぼ1か月あまり。

もう嫌気がさしているのに、やり続ける。


だって、何でも難しい。

頭の中では、もうできあがっているのに

いざ、やってみると、

想定外の何かがあって、

????と作戦をねりなおすように

いろいろやり直し。。。だから

ほんとに時間がかかる。


そこに、息子君のあれやこれや・・・・

でも、そのやり取りの中で

息子はぐいぐい成長していく



娘が、高校受験に当たり、

自分のいいところは?という質問に答えた。


私は、自分がやろうと思ったことは

例えどんなことがあっても

やり遂げる、ということを、私は知っています。


遠く離れた娘のその言葉に後押しされ

自分もあきらめない。


あきらめないし、

そうすることが一日もはやく

きっときっと、娘に会えること、と、

そうすることのほかに、

何ができるのかもわからずやり続ける。













































バカみたい・・・


と自分で思う。

でも、上記のように形になっていく。

形になれば、うれしいい。


次にここで何が起こるのか

楽しみになってる。、

そして、今、最終仕上げ

マイワークどころの話ではない・・・

のに、カラダはドンドン変わっていく。


様々な気付きがにやってくる。


今は、もう、

足の指、手の指を結ぶ

ひとつひとつのラインのつながり、

なぜそうなっているのか

何を意味するのかがはっきりとわかり、

それを改善する為のワークもできた。


シュタイナー人智学では、

四肢が意志を担う、といわれている。


以前は、そこを使って歩いたり、

何かをつくるから”意志”なのかな、

と思っていたけど、

全く違うのが、今はわかる。


”身体はすべてを知っていて、

 身体に意志が宿る”

自分ごときで、何かできようもないくらい

身体の中にすべてがある。


その身体から”意志”は生まれる。


だから、自分ではどうにもできないのだ。


そこを間違えてはいけない。


そして身体の意志は

おもに手足にあらわれる。


だから、手足をつかうこと

目覚めさせていくことが大事なのだ。


手足の指は5本

親指は自我と関係がある。

その他の4本は

大きく言うと

小指はこの世界とのかかわり

人差し指

中指

薬指は

この宇宙の働きとともに

この世界を自分の内にとりこむためにある。

そう、だから、

身体の内、胸の領域と大きく関係している、と私は思う。


そしたら、昨日見ていたテレビで

相撲では

親指に力を入れ

後の4本は力をぬくんだ、、と教えていた。


まさしく、その通り。

だって、力を抜いていないと

この世界が自分に入ってこない

感情は限定される。


手の指も同じごとく


そこに、全身があらわれ、

自分の中の”空”をみたすものがある。


そう、身体はある。

身体はあるから”空”が生まれる。

私の”空”がある。

その”空”は、この宇宙の”空”とつながる。


部分は全体で、全体は部分。

フラクタルマインドのSORAさんが提唱するごとく

全ては相似形。


だから、その”空”はすべの”空”とつながる。


そこに、人間は空間として点ををつくり、

スケールを生み出した。

それが思考だ。


そこではじめて共通概念が生まれ

人と人が”空”のなかの

あるもの共有でき物が生み出せるようになった。


そしてリズムを生みだし

時間の中に点をつくった


音階を生みだし

高さの中に点をつくった。


まさしく音階をスケールといい

メジャーをスケールという。


それがなければ”空”のなかをただよう

つかみどこのない”存在”だった私達。


だから、本当に自分の人生を歩みたければ

まず点になることなのだ。

そうしなければ、

何物でもない、

私固有の人生はつくれない


そんなことがわかりはじめ、

呼吸の仕方も、

カラダ使いもかわり

お客様へのセッションも

ただただ深みをましていく。


身体ゴ。ト。キ。の話ではないのだ。


そうしてなぜ身体と右脳左脳が交差しているのか、

交差していない場所、している場所が明確に感じられ、

そのあっぱれさに驚くとともに、

なんだ、全部一緒じゃん、という

シンプルさに笑ってしまう。


そんな日々を送りながら、

一方で娘のこと、元主人の事を

そのことが息子に及ぼしている影響等。。。に

翻弄しながら、

ある問いかけをFBにだした。


そこからえられた答えは

本物の”強い愛”

赤ちゃんのように

純粋でけがれなき状態、でしか

乗り越えられない、ということ・・・・。



まさしくな・・・・


身体のことやってると、

ぜ~んぶ、

古いものが邪魔をしている、

どこかにもっていかれてる、

固まっている、ことが

自己の体現を阻んでいるのが

ありありとわかる。


そこで、この答え・・・・か


私、ただの、ただの、

田舎者の漁師町の平平凡凡な

娘なのにな・・・。


なんで、そこまで・・・

別に普通でいいんだけど・・・。


でも仕方がない。


元主人の美しき心を

本当に知っているのは私だけ・・・


いえいえ、

そんな話を、何があっても、

お父さんを悪く言わなかった息子君に話すと

ニッコリ。


”でしょ。俺の愛で変えて見せる”


はいはい、そうですか、

と、ママも覚悟して、

OK。

ただ、喜びしかない

純粋無垢なあかちゃんのように

生きましょう。


全ての思考は捨てましょう


そう決心したら、

あらあら

身体がスコ―ンとかわって

全てが地に落ち

私は、ただ立っていた。


こんな感じはじめて・・・。


さあ、養成講座含め、

次のステージは

ダンスクラス

”I become the butterfly of my own"

のスタート。


そのために、

まずは私は踊ります。


全てのカテゴリーを壊し、

ただ、ただ、私が

私自身と出会い

”人間になる”ために・・・


最後に、

とにかく養成講座の反応は深く

受けられた皆さんが

ダイレクトに深く変化していく。


こんな講座は

多分、そうそうないだろう。

そして、

次回はあるのかないのか、も

わからないのが、

私のスタンス。


興味のある方は

まだ、2名ほど、参加可能です。


今が旬の私だからこそ、ぜひ!!


最後にもう一度

”身体ゴ。ト。キ…の話”ではないのです。


そして、すべてを明確に

簡単にわかりやすく、

ワークとして形にしている人は

多分、”私”しか、いないでしょう・・・


では、今から作業です。


よい一日を。。。。



PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る

 ”PHYSICAL METHOD FOR BEING"

お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

2016年5月14日土曜日

ミラクル(良久)結実子のミラクル身体探索: 骨が話しかけてくる

カラダがほどけていっています。

ミラクル(良久)結実子のミラクル身体探索: 骨が話しかけてくる:

カラダに今までにない事が起こっている。

 何をしていても 骨が話しかけてくるよう

 ”そこじゃない、そこじゃないよ  こっち、こっちだよ” だから、骨のおしゃべり合わせ カラダをかえていく カラダはどんどん変わり 柔らかさはどんどんまし、 ..

. PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る

”PHYSICAL METHOD FOR BEING"

お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

骨が話しかけてくる

カラダに今までにない事が起こっている。


何をしていても

骨が話しかけてくるよう

”そこじゃない、そこじゃないよ

 こっち、こっちだよ”


だから、骨のおしゃべり合わせ

カラダをかえていく


カラダはどんどん変わり

柔らかさはどんどんまし、

考えはどんどんなくなり

小さく、軽い。


そして、筋肉がほどけていく

よじれ、ねじれていたものが

音を立ててほどけ、

それは骨の位置が変わったとたん

一瞬で起こる。


じゃ、何が筋肉の流れを

作っていたんだろう?


それは”考え”=”思考”につきる。

今、それを確信している。


それはこんな感じ

”骨格に考え、思考、意志があるから、

 あんたは、考えなくていいの!!”

そう、言われてるみたい


え?私は考えなくていいの?


めちゃらく~


とにかく、この地球上にたいし、

いい位置は1点しかない。

「骨格の写真」の画像検索結果


ね、この画像

重力に対し、美しいくらい1点に重さが乗っている。


すべてがPHYSICAL

そしてPHYSICALにすべてがあらわれる。


昨日は、めずらしく

ビジネス系のお話会に参加した。


そこで話されてることは

よきものも、うん?と思うものもあったけど

一番感じたのは

人間がわからないものを

わかりやすくしようとしているから

余計、複雑になる、ということだ。


一見、わかりやすくなっているようにみえて・・・

一見、正しくあるようにみえて・・・

私から見ると、ものすごく複雑になっている


そこに欠けているものは何?


それは、精神だ。

スピリットではない。


”何のために自分は生きているのか?”

そこでも、同じ事が言われた。


多分、同じ事を思っている。

でも、その結果がニアミスだ、と私は思う。


このニアミスが大事だ。


だから、ある種そこに来る人も

そういうことをしている人も

同じ色をかもしだす。


その会で大切に話されていたのは

”時間”と”お金”について


成功して”時間”と”お金”を手に入れる


誰しもが感じているジレンマだ。


私の考えとは前提が違う。

簡単に書くと

好きな事してれば、それでいい。


本当に、自分にしかできない、

自分にとってやるべきこと、を

今、していれば

”時間がない”なんていう、

ジレンマはあっという間になくなる。

というか、

その考え、

どうやって”時間をつくるか”という定義自体なくなる。

寝たいときは寝ればいい

休みたいときは休めばいい、

旅行に行きたければいけばいい

ただ、それだけの話だ。


カラダ的、本当にやりたいことは

いつもその瞬間瞬間で一つしかない。


それができれば、

なんの問題もない。


でも、人は一人で生きているのではない

だからいろんなひっぱりがくる。


そのひっぱりをどう受け止めるか。


それを書くと、

長くなってしまうので、ここではひかえますが、

まずは、そんなことぐらいで

自分のやりたいことは消えないし、

ひっぱりがあるからこそ、

自分の可能性、能力、

(それは、魂レベルにおいて)が広がる。


そして成功するはずだ。

その成功は、

人からみて、なんて、まずどうでもいい。

どうでもいいくらい

自分の成功にかける。

ここでいう、私の成功は、

歌えなかったことが歌えるようになる、

とか、

買えなかったものが買えた、とか、

あきまでも、自分にとって・だ。


それは、

私にとっての10億にも匹敵すれば

私にとっての無人島一人旅行にも匹敵すれば

私にとってのダイアモンドなのだ。


ようは見えてるものではなく、

それくらい、

そこに自分をかけたか?

それくらい求めたか?

という事が大事だし、

それ以外に大事なものはない、と思う。



このことをちゃんと伝えてるものはまだない、

と、私は思う。


私は伝えている。


私のWS、プライベーセッション、

ヴィーナスラインエロスワークで・・・


”斎藤一人さん”はどうなのかな?

・・・大好きなんだよな。一人さん・・・

こんど、会いにいってみようかな・・・


でも、私は思う。

そこにいっても、誰にあっても

”斎藤一人”さんの名前のごとく

まさしく”一人”

自分にとって、

正しくある点は

この地球上ではたったひとつ。

自分が斎藤一人さんと

同じくらいにならなければ

raku 楽 らく~ にならない・・・し

この時代、この世界に

生き残れない、と思う。


この辺のお話を聞かれたい方は

ぜひ、私に会いに、愛に来てね。

または、

お話し会やWSを開催してね。




自宅下のセッションスペースを整えはじめ1か月余り。

(近々画像あっぷしますね。)


大工仕事をやっていると

最終的には1ミリの違いで

どうにもこうにもならない事に行きあたる。


1ミリ違うから建具がはいらない。

おきたい場所におきたいものがはいらない。

後、1ミリなのにな・・・


そこで大工さんはカンナをつくった。


すごいものです。


人間の”カンナ”にあたるものは

なんだろう・・・


”意識””感覚””経験”かな。。。

それらをつかい

カラダが整っていった時、

私は私の1点に立ち

あなたはあなたの1点に立つ。


そこには私の全てとあなたの全てが

あらわれている・・・


それが、同じ色を放つはずがない・・・




PHYSICALはMENTALを作り

MENTALがPHYSICALを作る

”PHYSICAL METHOD FOR BEING"

お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

2016年5月9日月曜日

私は、確かにここにいた・・・

ヴィーナスラインエロスワークをはじめて

間もなく1年になろうとしている。








ともにインストラクターを務める

”えるぅか”さんも私も

それぞれの1年をへて、

当初の強いエネルギーから

もっと深く静かな

けれど確固としたエネルギーに変容し

お客様と向き合うようになっている。


今日の参加者さんは

ともに、

自分とカラダのつながりが

感じにくくなって居て

自分でいながら

自分をなくしてしまっているような

けれど、あらわれかた全く違う、

そんな方々だった。


そのテーマの深さに

私が担当するBODY改善のワークは

すべて即興のごとく、となり、

気が付くと、

何もできなかった

けれど安心感に満ち溢れた赤ちゃんのころから、

立ちあがるまでの成長の過程を追体験してもらいながら、

この世界と初めて出会う、触覚の感覚を

どんどん開いていった。


ワーク終了後、

参加者さんのひとこと、。


”自分はここにいるんだな”って

初めて思いました。


それを体験している時の参加者さんの

不思議そうな神聖な顔。


ワークの際中にどんどん現れる

かわいらしさ、

美しさ、

心が解け合っていく瞬間


それらを共に体験させてもらえる幸せ




私達は豊かで美しい。


だって、人間だもの。


そのことに”努力”はいらない。

だから、今まで努力して身に着けたものを

はぎとっていく。


ヴィーナスラインエロスワークは

その力をましながら

まだ、この世界に表したことのない

あなたの本当の美しさを

この世界に表していきます。


次回は6月4日。

ご参加されたい方はぜひ

yumiko@physicalmethod.com

までご連絡ください、



PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る

 ”PHYSICAL METHOD FOR BEING"

お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

2016年5月7日土曜日

原生動物になって、頭蓋骨の中にすべてがあった・・・


















全ては満たされている。


いろんなことができる。

計算もできる。




人とおしゃべりもできる

旅行にだって行ける。

お料理もできる。

人ができないことだってできたりする。

ほしいものは、

少し頑張れば手に入る・・・


何不自由ないはずなのに


世界中で、もっと困っている人

こんなくらしさえ、できない人は

山ほどいるのに・・


全ては満たされている


わかっている、わかっているのに

心が困ってるよ~という方の為に・・・




身体探索をしていると、

自然とどんどん進化の過程を逆行しているように思う。


そうしてカラダの形が変わり

感じ方が変わり、

筋トレとかヨガとかが、

あほらしくなるくらい

カラダは小さく折りたたまり、

それを邪魔していた考え、思考、言葉が消え

生きている意味が変わり、

その一瞬一瞬が

物事の根源に近づき、

できなかったこと、

わからなかったことがわかり、

それが面白くて仕方がない。


どこまでいっても、

新しい輝きに満ち溢れた扉がまっていて

どこまでいっても

自分は不完全な小さな自分のままで

その扉の向こうを楽しみにしながら

できないことを笑いながら

身体を使ってチャレンジしていく。


だって、一生懸命やって”できない”

これほど滑稽で笑える事はない。


気持ちはできているのに

カラダができていない。


その自分が、お腹を抱えるほどおかしい。


そんなことが許される場所

笑いあえる仲間がいることの幸せ。


もう、それだけで、今日は完璧だ。


そうしながら、

この世界で唯一無二の私になるために、

私は私の大事なものを掘りあてていく


この頃の私は、

背骨の形がはっきりと変わっていて

背骨の何番かはわからないが、

気になって仕方がない場所が明確にある。


そこが開くと、

カラダ全てのよじれが

ほどけていく。


おもしろいくらいに

ほどけほどけ、

きづくと、

自分が原生動物になってしまった気がする。


立ちあがる意味さえ見つからない。


口の中の感覚

つまり

触角の原点

この世界と初めて触れる

生の場所


そこだけで生きれる。

「原生動物」の画像検索結果


すべてのものを私は捕まえる。

捕まえないものは存在しない。

捕まえたものだけが存在している。

捕まえたものが私の中にはいってきて

それを頼りに私は進む。


進むのは前でも後ろでもなく、

ただこの世界を、

私の時間で進む。























なぜ、そこで人類は立ちあがったのだろう。

こんなに幸せなのに

なぜ、立ちあがるひつようがあったのだろう、


だって、前も後ろも、上の下、もない

ただの丸い世界、

だから、どこにもいけるのだ・

なんの力もいらない。


ただ、求める気持ち、だけがあればいい。


だけど、この世界には他者がいない。


すべては、私の中で起こり、

私が中心で私がすべてだ。


あたたかで、赤ピンクの世界の中で

何も見えず、何もわからず、

ただ生きているだけの私。


めちゃ気持ちがいい。


この状態を立っていても

歩いてもできる。


でも、この世界に対して

自分を立ち上げる、という感覚は

まったくない。


なぜなんだろう、

なぜ、なぜ、なぜ?

人は立ち上がたんだろう・・・


だから、がんばって

立ちあがろう、と思ってみた。


グット足の裏に力を入れ

立ちたい、立ちたい、立ちたい


そして世界と私は分離した。

いえいえ、世界が、できた。

私じゃない世界が・・・

いえいえ、内と外が・・・できた。


すると、うん?

脳の中にすべてがあった。

今までさんざん脳のことはやってきた。

が、今までとまったくちがう感覚。


脳、というか、頭蓋骨の中に

私のカラダのすべてがある。


これで身体を扱える。

そう思った、


すると、もう痩せるどころの話ではなく、

全てが変わり上記に書いた

カラダとなる。


どんどんなる。

やってもやっても

毎回、新たな筋肉の流れをみつける。


そうしてはっきりとわかる。

筋肉の流れを作るのは思考だと。


今、この世界にある思考、考えが

どんなに、いいもの、であろうと、

自分に向かわない、思考、考えは

すべてカラダの邪魔をする。


逆に言うと、

どんな悪い考え、思考、でも

自分に向かわせれば、

私達のカラダはそれを、

よきものに変える力がある。


そんなワークをしていると、

もう成功したい、とか、

ひとに認めてもらいたい、とか、

あらゆる”生きる目的”は無意味になる。


成功したところで、たかが知れてる。

認めてもらったって、たかが知れてる。


だって、この果てしない時間の流れの中

そんなものは、チリとなって消えてしまう。


どこまでいっても、

私は私の世界を生きたにすぎず、

全ては消える。

この私の魂ですら、

そのすべてを忘れてしまう。


忘れてしまうけれど、

私の体験は、

こうやって私が身体を探れば探るほど、

人間の進化の過程を追体験するように

からだのきおくに刻まれる。


意識は忘れても

カラダには刻まれている。


カラダには刻まれているけど、

それは、どこまでいっても、

”私の世界”におこったことで、

私の主観の域を出ない。

それは

どこまでいっても私の”妄想”

”妄想”がいやならば

私の”夢”でしかない。


なんてはかないんだろう・・・


こんなに現実だと思っている事が

全ては”無”となり、

あったことすらなくなってしまう

”妄想”でしかないなんて・・・


だけど、

たったひとつ”妄想”でなくなる方法がある。

”無”でなくなる方法がある。


それは、ひとの記憶に残ること

または、

何か”存在”するものに

自分を置きかえること。


そう、何かの形で

外の世界に自分を置くこと。


どんな記憶でも、

誰かとかかわった時間は

どんなものでも、

この世界に存在するものは

誰かと出会い、

その人の記憶に残る。


それは、自分以外の世界で

自分が”生きる”こと。


そう、そうしか自分は生きたことにならない。


だって、どんなに豊かに生き生きと

自分の世界を生きたところで

それだけでは

ただ消えてしまうのだから。

自分の存在そのものが・・・。



だから、人は成功を願ったり、

認められたい、と思うんじゃないだろうか?


最初に書いた

”心が困ってる人”は、

それが困ってるんじゃないだろうか?


とりあえず、

とりあえず生きてる。


でも、どこにも

自分を置いていない。


置いたとしても、

とりあえず、とりあえずの

自分の一部。

だって、できること

わかったことなんて

おもしろくない。


この世界で唯一無二の自分が

この世界の唯一無二の存在として

人の記憶に残らないなんて

何かがおかしい。


何かがおかしいけど、

それが現実。


ただの出来る人

ただのうるさい人

ただの優しい人

ただの冷たい人

ただの変な人

ただの真面目な人


どれもどれも、ぜ~んぶ違う。


だって、この”私”という存在が

どんな言葉にも収まるはずがない。


私は、もっとすごいんだから!!


これが本音じゃないだろうか


だから、私達は立ちあがったんじゃないだろうか


自分の存在のあかし、として

この世界のどこかに

自分の生きた形跡を残していくために・・・。


”心が困ってる人”も、同じじゃないかな。


さ。まずは認識かをし、

さあ、そこから何が始まるか。


このブログの前で楽しみにしています

そして何事も練習が必要。


カラダの事をやれなやるほど

回り道はなくなります。

もちろん、

あなたが本当に望んでいるものは何なのか

あなたが何をやるべき人なのか

あなたの”喜び”はなんなのか

カラダが教えてくれます。


美しくなりたい方は、ヴィーナスラインエロスワーク

5月8日ありますよ。


自分が何をすべきか、または

カラダのプロを愛ず方は 養成講座


その他プライベートセッションは随時受け付けています

詳しくはPHYSICAL METHOD  FOR BEING 

ホームページをご覧ください。


最後に、これかわいいの。


あなたは、進化の途中のどのへんなのかしら?

私?私はここはすぎたよ。



ね、私達、ともに人間になろうよ。

18


PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る

”PHYSICAL METHOD FOR BEING"

お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

2016年5月2日月曜日

お尻は足で、肉球は指で、真ん中は空洞だった。

気が付くと1か月余りもブログ更新していませんでした・






その間、先ずは悲しみの我が家で、

しばらくは生きる決心をし、

遠方からのお客様も泊まれるよう

思いでのいろいろは整理し、

家庭を支える妻として

生きていた自分に別れを告げ

自立した一人の女性として

子どもを育て、

自分の人生を生きる良久結実子に

どっぷり変容し


下のフリースペースを

トンテンカンテン、

以前は主人を支える助けになれば、と

始めたことを

自分のステージのために

自分の考えで、自分の好みに集中して

つくりなおしている。


このブログを読んで下さっているかはどうかは

わからないけれど

どうぞ、”にじいろいろ屋”を使いたいと

お手伝いしてくださったり

出資してくださった方は

私のプライベートのハードさで

そのままになっているのガ気になっています。

が、ようやっと落ち着いてきました。

ご希望があれば、ぜひ使ってくださいね。


そんな中でも

暇さえあれば身体探索家ミラクル結実子は

身体探索ををつづけ、

お仕事としては

養成講座がはじまり、

昨日は”ヴィーナスラインエロスワーク”で

コラボしている”えるぅか”さんとお話会

”ほんとうのほんとうの願い”を開催した。


そこで今、私がお伝えしている事は

たったひとつ

自分の内宇宙に意識を向けて、

そして、この世界でたったひとつの

自分の星の真ん中に立ってね、

ということにつきる。


今日もトンテンカンテンがあるので

細かな説明はかけないが

このブログを読んで下さっている

皆さんに、これだけはお伝えしたい。


自分の星の上に立つ、というのは

自分の人生におこった出来事

全ての上に立つ、ということで

そうするしか、

自分の人生に起こった事は

解決できない、という事。


いろんな人に会うたびに

生きるという事は簡単なことではない、

という事を実感する。


ご本人さんが、

そう思ってない事ほど、

確実に、その人生に大きな影響を与え、

その人の”今”がある。


そこに

とりあえずの”優しさ”も

とりあえずの”厳しさ”も

いいも、悪い、もいらない。


ただ、そのことが起こり、

それは、アニマンダラさん(負け組進化論を唱えている)

の言葉を借りれば

その人の人生にとっては

カンブリア爆発なみの出来事だった、ということだ。


そう、もしかしたら

誰にでも起こる

あたりまえの

小さな小さなとるに足らないような出来事でも

または、人も驚くような大きな出来事でも

大事なのは

そのことを初めて体験するその人にとっては

それは”カンブリア爆発”なみの出来事となる、

ということなのだ。


そんな事が日常に起こるのが

私たちの人生だ。

というより、

それが人生というものなのだ。


その繰り返しの中で

私達は”進化”していく。


私は

”人間になろうよ”っていう。


だから、それぞれの人生で起こる出来事は

まさしく

私達を人間たらしめるための

カンブリア爆発なのだ。


カラダの事を探れば探るほど

自分は”人間”として

このカラダに備わった機能を

使っていなかったことがわかる。


ここ最近のワークで

私が愕然としているのは

今まで私が”お尻”と思っていた場所は”足”で

足の裏の肉球と思っていた場所は

足の指で

今まで、”私”とか”ある”と思っていた

自分のカラダの真ん中は

まったくの”空洞”だった、ということだ。


どういうこと????だ


そんな勘違いのまま

私は私の一生を終えるところだったのか・・・


ヒップアップどころの話ではない。


そのヒップじゃない"足”の場所で

ヒップアップ体操があり、

ヒップアップ器具があり

ヒップアップ用品があるのが

今の世の中なのだ。

(もちろん、そうじゃない人もいるし、

 そうじゃない人のお尻をみて
 
 私達は、かっこいいなあ、と思うのですが、

 そのことについては

 語られていないでしょ)


だから、本当に”身体のことをやってください”

と思います。


できれば、私のワーク(笑)

そうじゃなければ

武道・・・

う~ん

その時の基準は

そこにすべてがあるもの、を

選んでください。かな。


本当のものは

そこにすべてがあります。

あれもこれも、と

そのことをはじめて、

次々ふえるのは

伝える人が

その本質をつかんでないから、じゃないかな

という気がします。


でもね。

まずは、”身体”には

すべて、があります。


ご自身の”身体”に、

ちゃんとむきあえば、

数学も、化学も哲学も、絵も、音楽も 造形も、

人生も、自分のやりたいことも

やれることも

何をすべきひとなのか、も

すべてがみえてきます。


そうして、数学を理解する前に

音楽を理解する前に、

まずは、

自分の人生に何がおこり、

それを自分はどう感じ

何を選択したか。

何が、自分の”今”をつくりだしているのか、

自分野ことをよく感じ、よく見てください。


それがはじまりです。


それがあなたの宝物


そうして女性としてきれいになりたい人は

ぜひヴィーナスラインエロスワークヴィーナスラインエロスワーク


お仕事に、または自分の才能を開花させたい方は

ぜひ養成講座養成講座におこしください。

(土日コース 2名、水曜コース3名残席ありです。)


最後にもう一度、

自分の星の上に立つとは

自分の人生におこったできごと

全ての上に立つ、ということ。


それを曖昧にしておいたままじゃあ

曖昧にしかたてない..


今の世の中は優しいようでいて

とても厳しい世界になっています。


ぼやぼやしてたら、

この世界にたったひとつしかないあなたの星は

携帯会社の奴隷になるか

セミナー会社の餌食になるしかありません。

(かなり辛口)


それでも、幸せ、という方は

それでいいとして、

そんなんじゃない、という声が

魂の奥深くで聞こえる方は

まずは、

自分が何からできていて

何が人と違うのか、

よく感じ、よく見てください。

「ダイアモンド宝石」の画像検索結果




灰からダイアモンドが生まれるように

ゴミのように捨ててしまいたい

あなたの何かから、

あなたの輝きが生まれるのです。


私も、ふんばるからね!!

LOVE,。

では、よい一日を・・・





PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る

”PHYSICAL METHOD FOR BEING"

 お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com