2016年2月12日金曜日

養成講座5名の方を募集します

やっとPhysical method for beingのチラシが完成しました。

チラシを作り始めたのが10月

いろんな方のアドヴァイスを受け、試行錯誤し

このワークの全てをあらわすものまでたどりつけず、

最後は 神奈川県横須賀市在住の

木村意匠さんとの出会いから

あなたは、アーテイストなんだから絵を描きなさい、

というアドヴァイスのもと

彼女と制作にあたりました。


そうやって描いた絵を、さらに壊し、コラージュし、

気が付いたら自分が伝えたかったことの

全てが現れている作品となりました。













































PHYSICAL は カラダ 自然法則の 物理 をあらわし

METHOD は 方法論

FOR BEING は いま、存在するための

という意味です。


カラダの事を考える時、物理的法則=重力ははずせません。

でも、これは精神性でも同じなのです。


人間には夢見る力があり、

それは血液、赤、と関係があり、

天界を目指します。

その上昇する力を、

この世界にひきとめるのが重力であり、

私達人間のカラダは、

それを具現化するためにあります。

また、生物の発生のもと 胞胚 は

3つの要素に分類されます。


*この形、よくみておいてね。

 人間のカラダのあらゆる場所にこの形があります
























キーワードは 3 

人間のカラダも 頭 胴体 四肢 にわけられ

人間のカラダの働きも 

上昇する力
           
引き下ろす力
           
具現化する力

この3つの観点から見ることが大事です。


このワークは、

こうやってあらゆる部分を3つにわけ、

さらにそれを3つにわけ、3つにわけ

細分化し、全体をみていいきます。

この方法論 を 私は人智学から学びました。

でも、そこに意味があったのです。

生態系のはじまり、

一つの存在は、3つの要素からできている。

だから、 すべては3つからなり

3つからみることで全体が見える。

あるカラダの気づきとともに

やっとそのことが理解できたのです。


そう、このワークは

とうとうある地点に達した、と感じます。

もちろん、これからもどんどん変化し、

何かをみつけては、何かをこわしていくでしょうが・・・


自分でも、

こんなにおもしろく

こんなにすべてを変え

こんなに深いところまで

繋がっていくワークだとは思ってもいませんでした。


これから、そのやり方を、

その人自身が 

私がやってきたように 

自分のワークを確立したり

どんなお客様がいらしても、

問題を見いだし

その人に必要なワークを見つけ出せたり

または、

自分ではどうにもならない(私が音痴を改善したように)

自分の課題を克服するために

または、

ただ自分が変わりたい、というだけのためでも

自分のカラダと向き合い改善していくことで

この世界を理解し、人間を理解し

仕事でも、パフォーマンスでも、作品でも、

自分、そのものでも

私自身であり、豊かになりたい、

と思ってらっしゃる方、

5名限定とさせていただき

お伝えしたいと思います。


5人の方に限定するのは

あまりにも深いところまで届くワークなので

私もともに、その問題、変化を体験していく必要がある事と

ものすごく簡単で

誰にでもできる簡単なワークなのに、

このワークの真髄となっている概念や身体観、

自分の感覚だけを信頼し

どんな小さな”?”も ごまかさず

その答えを、自分以外にもっていかない、

ということが

多くの人には難しい、ということがわかったからです。


具体的には

Physical method for being 養成講座

期間 1年 1か月に連続2日(土日を予定)  
        ⋆遠方の方 2000円で宿泊可能な場所アリ 
      
時間 11時~18時 (間 休憩アリ を予定 )
      
受講料 38000円 X 12 (一括)= 456000
         ⋆分納 240000 X 2回 
             165000 X 3回
      上記以外でご事情がある方はご相談ください

で募集いたします。


が、講座終了後は 特に認定資格等はありません。

この講座で大切なのは、資格があるかないか、ではなく

あなた自身が、それをできる、と感じれたかどうか

また

私自身があなたに対して

もう自分でできる と 思えたかどうか

もし そう思えたなら 修了書をお渡しします。

また、同じくして

お仕事として

カラダの事に携わり1年も必要ないと思えわれる方は

ご相談ください。

あなたのカラダと理解された速度を見ながらの判断も可能です。

また人には

それぞれペースがありますから
1
年後、お互いに不安がのこり、

まだ学びの必要を感じるなら

その後のことは相談していきましょう。


私は人ができることが全くできない状態で

ですから、身体レベルがマックスない状態で

カラダのことに20年取り組んできました。

でも肝心なところがなにもかわらないまま

4年前、これはやばい、

こんな私でも変われるようなワークを

自分で作ろう、と、自分のワークの構築に当たりました。

そして1年半前、

脳と身体の関係と自分のカラダの歪みに気づき

今までやってきた事が一つにまとまりはじめ、

自分のカラダが大きく変わり

人生も歌(私はバンドをやっています)も、出会いも変わり

何より、お客さんの課題のつかみ方

改善力が、画期的に変わりました。


そして、そのやり方を具体的、明確に

人に伝えられるよう論理付けしました。

だから、もしも このMETHODを学ばれたい、と

思ってくださる方がいらっしゃり

その方が、全ての知っていること、わかっていることを

いったん脇におき、

自分のカラダの中にあるものにだけ向き合おう

と思ってくだされば一年で伝えきれるのでは、

と思っているのです。


長くなりましたが

最後に、私はこのやり方以外何も使わず

一回一回のワークで

緊張感いっぱいだったお客様が

自分で自分の身体をゆるゆるにされたり

手術するしかない、といわれた身体の痛みを、

自分で改善されたり

痛みでランドセルも背負えず

一人で学校に行けなかったお子さんが

元気はつらつ、歌を歌いながら学校にいくように

なったりしています。

(持続には思考の改善が必要なので
 
ワークの継続はしばらく必要です)


そうして はっきりと思うのです。

自分が自分のカラダでわかってることしか

人には働きかけてあげれない、と・・・

そして、それがわかっていれば

他には何もいらない、と

だから知識ではなく、体験が必要なのです。


体験は、言葉を生み、概念を生み

世界を生みだします。

その世界が

あなた独自のやり方を生みだします。


だからこそ、私がこの講座でお伝えしたいのは

私がわかってることではなく

今、この世界にあふれてるものと全く違う身体観から

どんなやり方をして、自分を知り改善し、

そこから あなたがこの世界に何をみつけ

何を選択するか

そのやり方なのです。


さあ、このような案内で

希望する方がいらっしゃるかどうかも

わからないまま

とにかく5名の方を募集します。


希望してくださった方は

直接またはスカイプで面談をいたします。


そして、あなたの中に

この講座を受け取る準備ができているかどうか

(そこがとても大切なのです)

感じあいます。


できていらっしゃらない場合は

普段のワークの受講をおすすめし、

あなたの中の

準備ができていない部分の改善を

おすすめします。

(もちろん希望されなければ

 それでもかまいません)


5名集まった時点で開催を考えています。

(他の人の課題を見ていくことも

 おおきな学びとなるので

 人数は必要なのです)


ご興味のある方は

まずは yumiko@physicalmethod.com

までご連絡ください。


あなたとの出会いを楽しみにしています。


PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る

 ”PHYSICAL METHOD FOR BEING"

お問い合わせ 

yumiko@physicalmethod.com

0 件のコメント: